ピクシブ百科事典

ブラックジャック(トランプ)

ぶらっくじゃっく

ブラックジャックはトランプゲームの一種。
目次[非表示]

ルール


カードの数字を足して、21に近づけるゲーム。ただし22以上になったらバスト(負け)になる。
カードの数え方は、2~10はそのまま。J・Q・Kは10。Aは1か11(どちらにするかは自分で決められる)。

初めにベット(自分の掛け金)を決める。全員が終わるとディーラーから2枚のカードが配られる。なおプレイヤーのカードは全て公開されているが、ディーラーの2枚目のカードは裏返されている。(このゲームはディーラー参加である)

その後、自分の番になれば以下の太字のアクション内一つを行う。

ヒット
カードを引く

ステイ
カードを引かず、勝負する

ダブルダウン
ベットを2倍にしてカードを引く。ただし次の番は必ずステイしなければならない。

スプリット
最初に配られた2枚のカードが同じ数字のみ行える。(2枚とも10など)自分のカードを2つに分け、それぞれのカードに対してヒットする。Aをスプリットする場合、それぞれに対し1枚のみヒット出来る。
ベットを半々するわけではないので、2枚には同数のベットが必要。(最初に20をベットしてたら、カード1枚に対し20ベットする。つまり合計で40となる)

インシュランス
ディーラーの1枚目のカードがAだった時に宣言出来る。ディーラーがブラックジャック(2枚会わせて21。Aと10・J・Q・Kのいすれかで構成される)かを賭ける。掛け金はベットの半分まで。
ディーラーがブラックジャックの場合はインシュランスした分の2倍が返ってくる。実質勝っても負けてもトントンとなる。(ちなみにインシュランスは保険という意味である)

サレンダー
勝負から降りる。サレンダーするとベットの半分が返ってくる。


全員がステイするとディーラーの裏返っているカードがめくられる。ディーラーは17未満なら必ずヒット、17以上なら絶対ステイしなければならない。
ディーラーがステイするとゲーム終了で、ディーラーより強い数で、なおかつバストしてない人が勝ちとなる。配当金はベットの2倍。引き分け(ディーラーと同じ数)なら、ベットがそのまま返ってくる。


余談

ネットが制作したパチスロで、ブラックジャックを題材にしたものがシリーズ化されている。


関連タグ

rio

コメント