ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ひとつ言わせて貰います、FBCは大きな間違いを犯している」

CV:石塚運昇

概要

ゲームバイオハザードリベレーションズに登場するBSAA代表。
本作の主人公格であるジル・バレンタインパーカー・ルチアーニクリス・レッドフィールドらの直属の上司にしてリベレーションズの一連の事件の作戦指揮を行う。
コードネームはフォークボール

人物

ジョークを多く口にする飄々としたつかみどころの無いナイスミドル。任務中もおどけているが、真面目な時にはしっかりとBSAA代表の顔をする切り替えの出来る男。
本作の一件であるクイーン・ゼノビア騒動の前に起きたバイオテロ、『テラグリジア・パニック』ではFBCのオブザーバーとしてテラグリジアに派遣された経歴を持ち、その際に出会ったモルガン・ランズディールとは非常に折り合いが悪く、2人のやりとりはまるで海外ドラマで見かける物的証拠の無い悪人と刑事のようにギスギスしている。実際、オブザーバーといっても当時のBSAAは殆ど蚊帳の外であり、レギア・ソリスによる滅菌作戦を止める事すらままならなかった。
BSAA代表としての手腕は高く、実力者ながらもエキセントリックな言動が目立つキース・ラムレイ&クエント・ケッチャムを手懐け見事に動かしている。
基本的にはBSAA本部で指揮官として活動しており、テラグリジア跡地近辺の謎の漂着物が流れ着いた砂浜以外では現場に現れない。その漂着物調査の際に入った緊急連絡により、ヴェルトロの復活劇が始まる。クイーン・ゼノビアに乗り込んだジル&パーカーペア、ヴァルコイネン・モッキを調査するクリス&ジェシカペア、後追いで調査に飛ばしたキース&クエントペアの3チームを同時に指揮しながら的確な指示を出すものの、意図的な情報遮断や誤情報を流す不可解な言動が目立つ。

レイドモード

「あ〜...実戦は久しぶりだ」

クリア後のオマケ要素、レイドモードにも隠しキャラとしてしっかり参戦。
スキルはハンドガンとグレネードの強化。ナイフは平凡。体術はチョップ。
歳のせいなのか実戦ブランクのせいか回避が弱く被ダメージが多く、ハンドガンはスキルの効果で爆速で扱えるものの、他の武器はライフル以外の取り回しが軒並みマイナス補正とツライ。マイナス補正を嫌う場合は銃のチョイスがライフルとハンドガン頼りになる為、精密射撃を求められる。
そしてグレネード強化は範囲が80%増加と非常に便利。当然デコイや電撃グレネードにも対応。
ピンポイントなハンドガン捌きで単体を処理して大勢をグレネードで吹っ飛ばすシンプルなキャラクターであるが、回避の弱さと被ダメージの高さ、そして精密射撃が苦手な人からは扱いにくさが目立つ。

同じくグレネード強化持ちのクエントといい、バンバン超範囲の爆発物を投げまくる姿はヴェルトロよりテロリストをやっているかもしれない。

関連タグ

バイオハザード バイオハザードの登場人物 BSAA

刑事コロンボ…彼のモチーフとされる。























何を恐れている?ネタバレを放つには落ち着きが無さすぎやしませんか?














クエント「なるほど…そうだったのですね」

キース「分かったのか? "ヴェルトロ"の正体」

クエント「…ある意味では。答えを得る手段はただ一つ、その当人に聞いてみましょう」

キース「…?」




「ああ、こちら”フォークボール” オブライエンだ」




キース「…はァ!? それ何? 代表が正体!?」




その正体は、クイーン・ゼノビア騒動を始めとしたヴェルトロ復活劇の黒幕
バイオテロを憎む正義漢であるはずの彼が何故ここまでの騒動を引き起こしたのか、全ては『テラグリジア・パニック』の黒幕であるモルガンを揺さぶり動かす為である。
作中の情報遮断と言った不可解な行動は内通者がいる事を確信しているが、それが誰か分からず誰にも語るに語れなかっただけであり、内通者を見つけた後は全て包み隠さず話している。
この事をレイモンド・ベスターだけが最初から全て知っており、レイモンドが定期的に連絡を取っていた相手の正体はオブライエンであった。

そして物語終盤、モルガンがゼノビアごと証拠隠滅を図る為に太陽光照射システム、レギア・ソリスの発射を防ぐために再びモルガンらFBCと対立する。
クリス達の奮闘もあってなんとかレギア・ソリスの直撃を回避したものの、モルガンの手でBSAA本部ごとモルガンにより拘束される。しかしクリスとジルがジャック・ノーマンから手に入れたPAD(モルガンとジャックが取引する様子が記録された物)を公開した事で形成逆転。遂にモルガンをFBC長官の任を解き、彼をヴェルトロとの共謀容疑で逮捕した。
テラグリジア・パニックの真相を暴いたものの、この一連の騒動で彼の指示の元から出した犠牲者はレイチェル・フォリーマラコーダに潰されたパイロットの2人(もしかしたらマラコーダに潰された人数がもう少し多いかもしれない)、規模は不明瞭だが自爆したクイーン・セミラミスに巻き込まれたであろうBSAA隊員など、決して少なくない。独断による作戦指示の責任を取って代表の座を辞任した。
その後は本部顧問を務めながらも探偵小説を執筆する隠居生活を始めた。彼が執筆した本は好評なのかバイオハザード7では彼の著書『暴かれた深淵』が登場している。(深淵は英語で「Abyss」、恐らくはT-アビスウイルスをめぐるリベレーションズの出来事を元に作られているのかもしれない)


そして彼を失ってしまった影響か、やがてBSAAはおかしな方向へと進んでしまう…

関連記事

親記事

バイオハザードの登場人物 ばいおはざーどのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クライヴ・R・オブライエン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1075

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました