ピクシブ百科事典

V・コンプレックス

ぶいこんぷれっくす

バイオハザード・ダークサイドクロニクルズのクリーチャー。

ダークサイドクロニクルズのオリジナルストーリー『オペレーション・ハヴィエ』におけるラスボス。

概要

マヌエラの父親であるハヴィエ・ヒダルゴがT-Veronica植物と融合し、南米の温暖な気候によりT-Veronicaウィルスが爆発的に増殖したことにより異常に巨大化した怪物。

肉食恐竜の頭蓋骨を思わせる頭部と蜘蛛のような多脚が特徴で、ハヴィエの上半身が頭部と一体化している。
巨大な手足で踏みつけたり薙ぎ払うなどするほか、腹部から胞子を放出して攻撃することもある。
胞子には大量のT-Veronicaウィルスが含まれており、ただ居るだけで周囲の生態系を破壊するという脅威を持つ。

当初はハヴィエ自身の思うがままに体を操ることができたが、結局は制御しきれずに暴走。ダメージを与えることで一時的に意識を取り戻したハヴィエが「自分を殺してほしい」と懇願。レオン・S・ケネディジャック・クラウザーに止めを刺されて炎上し消滅した。

関連タグ

バイオハザード B.O.W. マヌエラ アレクシア・アシュフォード
ウィリアム・バーキン…ハヴィエと同じくウイルスでラスボスと化した一児の父親。

pixivに投稿された作品 pixivで「V・コンプレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110

コメント