ピクシブ百科事典

押川春浪

おしかわしゅんろう

明治期の小説家(当時のラノベ作家の一人)

1876(明治9)~1914(大正3)年。本名は押川方存。
少年向けの冒険小説を数多く手がけ、代表作に『海底軍艦』(1900年)、『武侠の日本』(1902年)、『新造軍艦』(1904年)、『新日本島』(1905年)などがある。
作家としての活動の一方で、教育、スポーツの振興にも力を入れていた。
NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』には、明治期のスポーツ愛好家集団である天狗倶楽部の一員として登場(演:武井壮)。

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「押川春浪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107

コメント