ピクシブ百科事典

お客様は神様です

おきゃくさまはかみさまです

三波春夫の台詞だが、何かと誤用されがちな台詞でもある。

概要

三波春夫の代表的な台詞である。
本来はお客様神様だと思って、歌などの芸事は常に神に捧げるつもりで常に最高のパフォーマンスをしなければならないという意味である。
このためここでいうお客とは、観客を意味している。
その背景には、歌や踊りなどの芸事は神に奉納するものであったということがあろうか。

しかしいつの間にやら消費者としてのお客様を大事にしなければならないというサービス業が心がけるべき言葉と捉えられるようになってしまった。
これ自体は持て成す側の心がけとして立派ではあるのだが、お客様側がそれを主張してしまうような事も起こり、その意味合いが本来の意味からかけ離れてしまうことになった。
むしろ消費者としてのお客様に対しては「お客様は王様です(でもあまりうるさいと革命を起こされますよ)」といったほうがいいだろう。
自分の主張ばかりして他人を顧みないお客様は、神様は神様でも疫病神とか貧乏神の類-畏怖される事すらないただの災厄-でしかないのだから。

pixivなどにおいては、文字通り神様が客として訪れているような状況に対して用いられることもある。

関連タグ

三波春夫
お客様 観客 消費者
誤用

pixivに投稿された作品 pixivで「お客様は神様です」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8397

コメント