ピクシブ百科事典

死役所

しやくしょ

あずみきしによる漫画作品。『月刊コミック@バンチ』(新潮社)にて連載中。
目次[非表示]

概要

『お客様は仏様です』

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは──。
魂抉る死者との対話。人は此岸と彼岸の境界で生を知る──これは、魂の物語。(漫画説明文参照)


死役所

此岸と彼岸の境界に存在する、死亡した人間のその後の手続きを行う場所。死因ごとに複数の課が存在し、成仏に必要な書類である「●●("自殺""他殺"といった死因名)申請書」と「成仏許可申請書」(場合によっては「挺身申請書」のように3枚提出させることもある)に記入・提出し手続きをするといったように、現世の役所のシステムを導入している。
死役所ならではの条例を制定しており、それをまとめた条例集が存在する。「死亡日~49日間に手続きをしない場合、死者は"冥途の道"を彷徨うものとする」という条例は、作中で最も多く取り上げられている。

冥途の道

此岸(現世)と死役所の間にある道のことであり、天国でも地獄でもない、何もない真っ暗な道で兎に角広い。手続きを怠った場合、成仏することは出来ずここを永久に彷徨うこととなる。

登場人物

作中では「死役所」は「シ役所」と表記されている。また、職員の名字には必ず「シ」が入っており、名札にはその部分はカタカナの「シ」にされている。

シ村
総合案内。本作品の主人公。常に笑顔(糸目でVの形をした口)で慇懃無礼。よく手を後ろに組んでいる。丁寧な物腰で『お客様は仏様です』をモットーとしており、誰に対しても平等に接する。しかし、『聞かれなかったから』と大事なことを教えなかったり確約はしなかったり、無配慮でお役所的な対応をし、また客の"死"についてずけずけと踏み入って相手を怒らせることも多い。が、恐ろしいほどに核心を突いてくる。"死"に対する恐怖心を『素晴らしい感情』だと考えている。
ニシ川とイシ間の会話から、総合案内は最も多忙な係であり、またその役目を彼自身が希望し配属されたことが判明。ニシ川はこれに対し『物好き』と評している。総合案内という係は死役所内では上級職なのかは不明。ビジネスライクで生真面目なのかと思えばそうでもなくユーモアも持ち合わせているが、そのほとんどがブラックジョークや皮肉。
要領の良さからイシ間に『あんたみたいに優秀なのがいてくれて助かる』と言われている。パソコンに関しては『慣れれば便利』と答えている。
常に笑顔で感情を表に出すことが無いが、稀に別の表情を出すことがある。15話で三樹ミチルはシ村の笑顔に対し『違和感がある』『無理矢理貼り付けているよう』『あの笑顔の裏には何かある』と言い、杉は16話で『どこか無機質で人間臭さに欠けている』・17話で『いつも本当の自分を隠しているよう』だと言っている。作中でも、客に対して放った発言でも、まるで自身と重ねているかのようにとれる場面が多々ある。

ニシ川
自殺課職員。死役所では珍しい若い女性。黒髪ショートでやや太眉、長い睫毛にぷっくりとしたと、その横にあるほくろがチャームポイント。ハヤシとシ村からは「仕事に関して"は"真面目」と評されている。その評判にたがわず仕事はできるがやや口が悪い。人物紹介では「本作のヒロイン!?」とされている。
『仕事をさぼって客から貰った漫画を読んでいるのか』というハヤシやシ村の問いに対して『私がそんなことする訳ないでしょ!』とは言うものの、シ村が『こちら(の漫画)はどのように読むんですかねぇ?』と問うと、二人して仕事をさぼって漫画の読み方を"真面目"に勉強する一面も。シ村のジョークにも"真面目"にツッコミを入れる。イシ間・ハヤシ・シ村が『病死と事故死、どちらがいいか』と議論していると、通りすがりに『(全員既に死んでいるんだから)その議論、不毛』と冷淡に一蹴する。『私忙しいんですけど』とは言いながら、他殺課窓口でイシ間にパソコンを教えてあげたりと割と休憩をはさんでいる。
生活事故死課のハヤシを『ハヤシくん』と呼んでいるあたり、ハヤシよりは年上あるいは先輩であることがうかがえる。
江越信行(名字に"シ"がついている)が、死役所職員採用試験を辞退したことを知ると、『久しぶりの私と彼女のお泊まり映画新人職員だしいじめてやろうと思ってた』と、ややお局気質。『(死役所の職員は)親父ばっかだし、たまには若い女の子とか来てくれてもいーのに』と、親父の部類に入るであろう人物の目の前で平気でぼやいたりする。
シ村と「自殺方法の種類(『一番多いのは首吊り。一時期睡眠薬が流行ったことがあったが、致死量になるまで飲むのが辛い』云々)について」を日常会話のようにしたり、涼しい顔で物騒なことを言ったりする。客に対して(正論ではあるのだが)シ村同様、皮肉ったキツい発言をすることも。

イシ間
他殺課職員。壮年で強面だが涙もろい男性。子供の死に非常に敏感であり、虐待死や身勝手な殺人などには怒りを露わにすることも多く、それが客であろうと何だろうと言葉よりすぐに手が出る。戦後のパソコンがなかった時代の人間のため、機械には弱い。
津川勇樹が役所内でハヤシとヒーローごっこをしている際、勇樹に「タコ星人(頭がツルツルのため)」と勝手に命名され、紙屑を頭に投げられた時は『うわああ やられたー!』と一緒にヒーローごっこに乗ってあげるなど、子供の面倒見が良い。

ハヤシ
生活事故死課職員。趣味は死人が持ってきた漫画収集と著名人のサイン収集。収集した漫画は自身のロッカーを本棚代わりにしてしまっており、冊数はかなりある。貰い受けた漫画の中には時折血まみれになっているものもあり、『ページとページがくっついていて読みにくい』らしい。客から貰い受けた漫画を、客が行き交うフロアで堂々と読んでいた所をシ村に注意され、それ以降は役所のロッカールームで読むようにしている。サインを書いてもらう用のサイン帳(ノートの表紙下部にしっかりと"ハヤシ"と記入してある)を持っており、漫画家・芸人関係無く(現世での)有名人が客として死役所に訪れた際は、仕事を放り出してでも会いに行く、ミーハーな面がある。シ村や他の部署の職員に『有名人が来たら教えて欲しい』と伝えてある。有名人のサインに加えて「ハヤシくんへ」と付け足して欲しいと要望したりする。
語尾に「~す」と付けるのが口癖。立端があり、涙袋がチャームポイント。髪型は長めで茶髪(カラーリングなのかは不明)といった今風な青年。その見た目とは裏腹に「マジ」ではなく「真(まこと)」、「餓鬼・小僧」ではなく「童(わっぱ)」、「なぜ」ではなく「なにゆえ」、「あんた」ではなく「おたく」など、言い回しがやや古めかしい。
職員の多くは正装だが、彼はジャケットの腕をまくり、その下にTシャツを着用、靴はスニーカーとかなりラフな格好をしている。大抵の職員は名札をネームホルダーに入れているが、「面倒」という理由で名札は付けず、いつもポケットに入れっぱなしでいる。このことはよくニシ川から注意を受けている。
津川勇樹という少年がこの課に赴いた際、彼から『ヒョウカワさん』と呼ばれ、ヒーローごっこに付き合わされる。「ヒョウカワ」とは「仮面ヤンダー」という特撮テレビドラマに出演している人物で、「ヒョウカワ」はドラマ内での役名。勇樹がハヤシをヒョウカワさんと呼ぶのは、二人の顔が酷似しているため。

岩シ水
人為災害死課職員の、やや地味な青年。スーツは黒ではなく紺で、太目のストライプのネクタイと中々お洒落。名札は胸ポケットにクリップで付けている。ハヤシからは『岩シ水くん』と呼ばれており、ハヤシに対して敬語で接しているあたり、ハヤシよりは年下かあるいは後輩であることがうかがえる。職員になってからまだ日が浅いのか、分からないことがあればすぐにシ村や上司に頼ったり、同じ部署の上司であろう人物に怒られたりしている。困ったりすると握り拳を口に当てる癖がある模様。
グロ耐性が無いようで、遠目で見る分には平気だが近くで見ると『うわ』と声をあげてしまう。松シゲからは『気が弱い』と言われている。

松シゲ
交通事故死課職員。半袖のポロシャツを着用している。方言(のようなもの)に加え歯が所々抜けているせいか滑舌が悪いため、言葉が聞き取りにくい。岩シ水や客の伊達夏加からも『この人滑舌悪いなー』と思われているが、何故かシ村は聞き取れている。

ハシ本
他殺課に配属された新入職員。半目で無口。

フシ見
他殺課の職員。イヤミを言う。

お客様

死役所にやってくる死者。ここで手続きを踏んだ後、天国、地獄、あるいは冥途の道へと進むこととなる。死んだ直後の姿で現れるため、かなりショッキングなビジュアルのものも多い。

鹿野太一
いじめと家庭環境を苦にして自殺した少年。後に思いがけない形で加害者と再会することとなる。

上杉涼子
1巻表紙の女性。職場の事故が起きた際、巻き込まれた社長をかばって自身が死亡する。

小野田凛
幼い少女。虐待を受け続けているにもかかわらず、母親をかばう。

江越信行
常識もやる気もなく極めて自分本位。職員の採用面接を告知される。

塙保
漫画「アヒルロード」の作画担当。いつかは自分の世界を描きたいと思っている。

襟川
心筋梗塞で亡くなった年配男性。1年前に妻の典子を亡くしており、何かと一言多く嫌われやすいタイプだが、ことわざの「男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く」のようにならないために、妻亡き後は積極的に人付き合いをするようになる。

ミチ
イシ間の姪。

伊達夏加
女子中学生。

佐尾高慈
お笑いコンビ「カニすべからく」の高関一文の相方。長身痩躯。高校時代は放送部に所属し、文化祭で「カニすべからく」というネタを披露するが、独特さのあまりアンケートにはマイナスな感想ばかり書かれる。が、唯一高関だけが「シュールで面白かった」と書き、その後高関が佐尾に声を掛け「カニすべからく」というコンビ名で芸人になる。「家族性アミロイドポリニューロパチー」という遺伝性の病にかかる。

須藤麻帆
女子高生。スマートフォンに機種を変更、同級生にSNSの「WINE(ワイン)」のグループに誘われる。が、返信が少しでも遅れると『無視してんじゃねーよ』と書きこまれ、これを機にネットコミュニケーション依存になり、スマートフォンから離れられなくなる。

三樹ミチル
女子大生。駄菓子屋研究会というサークルに所属。同サークルの彩から飲み会に誘われ、20歳になった記念にアルコールを解禁、そのまま急性アルコール中毒になり死亡。本来なら生活事故死課で取り扱う内容だが、「彩に酒を強要されたから」という理由で、何が何でも殺人として手続きをさせようとする。


元刑務官。ある日死刑執行の担当者に推薦され執行に立ち会うが、その時の精神的苦痛により刑務官を辞める。

本堂千裕
ごくごく一般的な専業主婦。面白味のない、単調な主婦の生活につまらなさを感じているところに友人の日暮蘭子からパーティに誘われる。このことがきっかけで事件に巻き込まれていく。

坂浦真澄
定食屋の店主。

生野芳聡
ネット配信者。口癖は「草」。

彫刻
橋の下に住んでいたホームレス。地蔵を彫っていた。

山中紗世
セクハラを受けていたOL。

花平
ニシ川に殺害された被害者の妻。

寺井
加護の会の信者。

日原紺志
喫煙者の単身赴任者。

津川勇樹
デジバンチvol.01に収録されている話に登場。7歳の小学生。正義感が強く『ヒーローは困っている人を見過ごさないのだ!』が口癖。特撮テレビドラマ「仮面ヤンダーヤギト」に登場する「ヒョウカワ」に憧れている。川で溺れかけている猫を助けようとして流されてしまう。

立花熊蔵
ゴーゴーバンチvol.03に収録されている話に登場。年配男性。本人は死因について恥じているようで「事故」としか言わず『あ────…』と口籠るだけで、そのため各部署にたらい回しにされる。


関連リンク

コミックバンチweb 
http://comic.pixiv.net/works/746

関連タグ

漫画 新潮社 コミックバンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「死役所」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49310

コメント