ピクシブ百科事典

松田龍平

まつだりゅうへい

松田龍平は日本の俳優。オフィス作所属。

概要
1983年5月9日生まれ、東京都杉並区出身。
俳優松田優作と女優松田美由紀の長男。
弟は、俳優の松田翔太
妹は、エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル・ユウキこと松田ゆう姫。
伯母(母の姉)は女優の熊谷真実

小学生からサッカーを始め、中学生時代に横河電機ジュニアユースに所属。
1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。この時主役を捜していた大島渚の目にとまり、出演を直接要請され一度は断ったが最終的に出演、中学校3年にして日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにする。
この作品で邦画への興味を抱き、共演した浅野忠信の作品を見始め、以前から好きだった『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督作品で浅野出演の映画『ラブ&ポップ』に大きく影響を受ける。

2002年、『青い春』(豊田利晃監督)に主演。本作は当時10代の殺人事件が社会問題になっていた時期で、事務所の反対もあったが、自身で脚本を見て面白いと感じ志願。同時に当時は高校に行く理由を見失っていたことから自身で堀越高校中退を決めた。

2004年、『夜叉ヶ池』(三池崇史初演出)で舞台に、また映画『恋の門』(大人計画の松尾スズキ映画初監督作品)ではラブコメディに初挑戦。

2007年、ドラマ『ハゲタカ』(NHK)で連続ドラマ初出演。

以後、ドラマや映画・舞台・CMにマルチで活動。

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松田龍平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9223

コメント