ピクシブ百科事典

御法度

ごはっと

『御法度』とは、1999年に公開された大島渚監督の時代劇映画。
目次[非表示]

あらすじ

1865年、京都。新隊士を募集した新撰組の元に、大勢の入隊希望者が集まった。加納惣三郎と田代彪蔵の二人が剣術の腕前を認められて採用されたが、二人の入隊が隊内に波紋をもたらす。
加納は沖田総司と渡り合うほどの剣術を持っていたが、人を斬ることに躊躇がなかった。そして人を惑わす美少年でもあった加納に、田代が夜這いをかけ衆道にたらしこんでいく。
加納を想う隊士は他にもいた。特に湯沢藤次郎の言い寄り方は強引で、加納と関係を持つに至る。ある夜、湯沢が暗殺され、隊内に疑いが向けられる。

概要

同性愛的観点から新撰組を切り取った異色の時代劇。原作は司馬遼太郎の時代小説『新選組血風録』より、「前髪の惣三郎」と「三条磧乱刃」。
大島渚監督の遺作となった。企画は1995年から進行していたが、大島の体調不良により中断し、1999年に完成した。

大島渚(監督)・ビートたけし(出演)・坂本龍一(音楽)の三人は『戦場のメリークリスマス』以来の顔合わせとなった。
また、土方歳三をビートたけし(北野武)、近藤勇崔洋一と、大島と縁の深い映画監督が演じている。これは新撰組を率いていた二人だから、実際に現場でスタッフを率いている映画監督に演じさせたという。
当時15歳だった松田龍平の映画デビュー作でもあり、その年の新人賞を総なめにした。

キャスト

土方歳三 - ビートたけし
加納惣三郎 - 松田龍平
沖田総司 - 武田真治
田代彪蔵 - 浅野忠信
近藤勇 - 崔洋一
井上源三郎 - 坂上二郎
山崎蒸 - トミーズ雅
菅野平兵衛 - 的場浩司
伊東甲子太郎 - 伊武雅刀
湯沢藤次郎 - 田口トモロヲ
吉村貫一郎 - 伊藤洋三郎
武田観柳斎 - 藤原喜明
篠原泰之進 - 菅田俊

スタッフ

監督・脚本 - 大島渚
製作 - 大谷信義
プロデューサー - 大島瑛子 / 中川滋弘 / 清水一夫
ラインプロデューサー - 元持昌之
原作 - 司馬遼太郎
音楽 - 坂本龍一
衣装 - ワダエミ
撮影 - 栗田豊通
美術 - 西岡善信
監督補 - 成田裕介
殺陣 - 中瀬博文 / 橋本和博
武術指導 - 東郷秀信
特殊造型 - 原口智生 / 伊藤成昭
製作協力 - 映像京都 / 松竹京都映画
企画・製作 - 大島渚プロダクション
製作会社 - 松竹 / 角川書店 / IMAGICA / BS朝日 / 衛星劇場
配給 - 松竹

データ

公開 - 1999年12月18日
上映時間 - 100分
製作国 - 日本
言語 - 日本語

関連タグ

映画 / 邦画 / 時代劇 / 映画の一覧
幕末 / 新撰組 / 衆道

外部リンク

御法度 (映画) - Wikipedia
御法度 - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「御法度」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12354

コメント