2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2019年6月28日に日本で公開された社会派サスペンス映画。
主演は韓国映画界の至宝シム・ウンギョンと、人気実力ともNo.1俳優松坂桃李

東京新聞記者・望月衣塑子の同名ノンフィクションを原案に、若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤が描かれている。
本作の内容に関しては、公文書改ざん・大学新設を巡る不正疑惑・政権への忖度・お友達優遇・性犯罪の被害者叩きなどの現実の日本で実際に起こった政治事件をモデルにしている。
実は元々エリカ役は日本人が起用される予定だったのが、政権批判の役をやったら芸能活動に支障をきたす事を恐れ、日本の既存の芸能事務所が殆ど拒否してしまったため、韓国人のシム・ウンギョンに白羽の矢が立ったと噂されていたが、監督のコメントによれば当初からエリカ役をウンギョンに決めていたとの事である。…つまり前述の起用拒否はデマ

2019年11月22日にBlu-ray&DVDがリリースされ、2022年1月13日には米倉涼子主演のドラマ版がNetflixで配信スタートした。

あらすじ

東都新聞に医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名でFAXされる。
日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育った記者の吉岡エリカは、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。
一方、内閣情報調査室の若手官僚の杉原は、政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。
ある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と再会するが、神崎はその数日後に自殺してしまう。
真実を求める吉岡と政治の暗部に気付いた杉原…そんな2人の人生が交差する。

関連動画





Netflix版


関連タグ

映画 邦画 記者 官僚
吉岡エリカ
日本 社会風刺 ジャーナリスト 新聞紙 正義感 言論の自由 
汚職事件 隠蔽 印象操作 マスゴミ 保身 忖度 同調圧力 村社会 誹謗中傷 

真実に向かおうとする意志

関連リンク

公式Twitter

関連記事

親記事

サスペンス映画 さすぺんすえいが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました