ピクシブ百科事典

ジェネラル・ルージュの凱旋

じぇねらるるーじゅのがいせん

『ジェネラル・ルージュの凱旋』とは、2007年に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。

2009年に竹内結子・阿部寛主演で映画化され、2010年に伊藤淳史・仲村トオル主演でドラマ化された。

概要

歌手の水落冴子が大量吐血で「東城大学医学部付属病院」に運び込まれ、救命救急センターの看護師・如月翔子の判断で、神経内科病棟のVIP病室・通称「ドア・トゥ・ヘブン」への受け入れに成功していた。同じ頃、田口の元には、救命救急のエース・速水晃一が医療業者「メディカル・アソシエイツ」と癒着しているという内部告発文が届いていた。事態を重く見た田口は院長・高階に相談した末、高階の提案でこの問題を倫理問題審査委員会に委任することになる。

関連タグ

登場人物関連
速水晃一 田口公平 白鳥圭輔 田口公子 長谷川崇(ドラマオリジナル)
堺雅人
シリーズ
チーム・バチスタの栄光 アリアドネの弾丸

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェネラル・ルージュの凱旋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3685126

コメント