ピクシブ百科事典

チーム・バチスタの栄光

ちーむばちすたのえいこう

『チーム・バチスタの栄光』とは、2006年に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。
目次[非表示]
  • デビュー作でありながら、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した。
  • 2008年に映画化、ドラマ化、ゲーム化を果たす。

ちなみに名の通りチーム・バチスタ(高難易度のバチスタ手術を行う心臓外科チーム)が中心となっているのだが、ドラマ版では分かりやすくするためかバチスタチームが全く関係ない続編でも必ず「チーム・バチスタ」を題名に入れており、「バチスタシリーズ」とも呼ばれる。

あらすじ

医療過誤か殺人か、不定愁訴外来担当の万年講師と厚生労働省の変人役人が、患者の死の謎を追う。
現役医師だからこそ描きうる医療現場のリアリティとコミカルな展開が魅力のミステリー。
(Amazon.com-MARCデータベース)

主な登場人物

※映画、ドラマ版のキャストは 名前の後ろに「(映画/ドラマ)」の順で表記

チーム・バチスタ


外部リンク

関連記事

親記事

海堂尊 かいどうたける

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チーム・バチスタの栄光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 491386

コメント