ピクシブ百科事典

天空聖者スノウジェル

てんくうせいじゃすのうじぇる

天空聖者スノウジェルとは、『魔法戦隊マジレンジャー』に登場する天空聖者の長老格である。
目次[非表示]

CV:潘恵子/スーツアクター:神尾直子

概要

魔術属性及びキャッチフレーズは「煌めく氷のエレメント」
Stage30から登場した天空聖者で、マジトピア創世記の「原始の天空聖者」の1人。
天空聖界の最長老であり、普段は揺りかごに入った子供の様な姿をしているが、戦闘時には人型の戦士体に変身する。

普段は自ら作り出したマルデヨーナ世界「嘆きの海」で隠遁生活を送っている。原始の呪文の使い手で、かつてマジマザーこと小津深雪に力を貸していた。
当初は嘗ての戦友である深雪が敵に敗れた事もあり、力と戦いに虚しさを感じていた。それ故、当初は彼女の子供達であるマジレンジャーに力を与える事を渋っていたが、彼等の勇気が五色の魔法使いに重なり、伝説の後継者に相応しいと判断。レジェンドパワーを授け、物語の中盤にマジレンジャー達はレジェンドマジレンジャーへと覚醒する。

更に冥府神ドレイクの地上侵攻の際には、自ら人間界へ登場。ヒカルに試練を与えると同時に、自らもマルデヨーナ世界の隠れ家である「沈黙の雪原」を舞台にマジレンジャーとともにドレイクと戦った。最長老の名は伊達ではなく、地上でのドレイクとの戦闘では優れた体術で戦いを優位に進める高い実力の持ち主だが、老いと長い間のブランクで劣勢に立たされた(※後に試練を乗り越えたサンジェルに救われ、ドレイクも撃破されたが)。
ヒカルことサンジェルには上記の通り試練を与え、から学びを得る様に促したが、全ては何れマジトピアの長・天空大聖者の座をサンジェルに継がせようと言う考えからである。

余談

声を演じた藩女史は2年後の『獣拳戦隊ゲキレンジャー』では幻獣ピクシー拳ヒソの声を当てている。尚、マジレンジャーより10年後の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』には娘の藩めぐみ十六夜九衛門役でレギュラー出演しており、図らずも親子二世代でスーパー戦隊シリーズへの出演を決める事となる。

海外版『パワーレンジャー・ミスティックフォース』では「スノープリンス」として男性に変更されており、日本語吹き替えはデカグリーン(グリーンレンジャー)役・伊藤陽佑氏が担当している。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー 天空聖界マジトピア 天空聖者 氷属性

関連記事

親記事

魔法戦隊マジレンジャー まほうせんたいまじれんじゃー

兄弟記事

コメント