ピクシブ百科事典

ポリアンナ・フィティア

ぽりあんなふぃてぃあ

ポリアンナ・フィティアとは、テレビアニメ「愛少女ポリアンナ物語」の登場人物。
目次[非表示]

CV:堀江美都子

概要

世界名作劇場枠で放送されたテレビアニメ作品「愛少女ポリアンナ物語」の主人公。本作品はエレナ・ホグマン・ポーターの小説『少女パレアナ』『パレアナの青春』を原作としており、彼女の名前・年齢設定などいくつか変更点がある。本作品では1920年時点で8歳。

第1部

母のジェニー・フィティアが1916年に他界した後、彼女は牧師である父のジョン・フィティアと2人で暮らしていた。ジョンは聖書の内容をもとに「良かった探し」(どんな事が起きても良かったと思える事)を彼女に教えており、彼女はその「良かった探し」を得意としていた。

そんな父、ジョンが1920年に病気で他界し、彼女はベルディングスビルに住むジェニーの妹(つまり彼女の叔母)のパレー・ハリントンのもとへ引き取られた。パレーは生前のジョンを憎んでおり、娘であるポリアンナに仕打ちを繰り返していたが、彼女の前向きな性格から街の人々の心を明るく変化させていった。

その後、自動車事故に遭遇し足の神経を負傷、歩くことができなくなったが、生命のリスクを懸けてまでボストンにて手術を受け、リハビリで奇跡の回復。彼女自ら幸せを切り開いていった。

第2部

リハビリのため、ボストンの大富豪カリウ家で暮らすことになった。カリウ夫人、ルース・カリウの甥で遺産相続人になる可能性のあるジェミー・ケントが行方不明であったが、彼女は車椅子の少年、若君ジェームスに偶然出会い・・・?

関連イラスト

おとうさん、だいすき!!
絵チャ



関連タグ

愛少女ポリアンナ物語 ポリアンナ 世界名作劇場

pixivに投稿された作品 pixivで「ポリアンナ・フィティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1714

コメント