ピクシブ百科事典

目次[非表示]

本名:長谷川清俊(1949年12月21日~)

概要

1960年代より活動する日本の漫画家。主にSF作品を執筆している。

代表作に『超人ロック』シリーズ、『くるくるパッX』など。
『超人ロック』シリーズは、新作、旧作、愛蔵版、完全版 などを含め、ファン読者が迷子になる程の出点数を誇る。コレクター系のファンからすると、極度のお財布泣かせでもある。

来歴

1949年、新発田市新潟県)に誕生。父親の仕事の関係で県内を転々としていた。
1964年、愛知県に転出。
1965年、『マンガ家入門』(石森章太郎)を読み、漫画を描くようになる。

1966年、漫画同人グループ「作画グループ」に加入。
1967年、作画グループの肉筆回覧誌に『超人ロック』の第1作「ニンバスと負の世界」を掲載(1976年に東考社で単行本化)。
1969年、作画グループの肉筆回覧誌に『超人ロック』の第2作「この宇宙に愛を」を掲載(1976年に東考社で単行本化)。

1971年、『超人ロック』の第3作「ジュナンの子」が東考社で単行本化され、貸本ルートで全国販売。「この宇宙に愛を」を見た編集者の誘いで『別冊少女コミック』(小学館)から『うちの兄貴』でプロ・デビュー。
1974年、『超人ロック』の第4作「コズミックゲーム」が東考社で単行本化。『テレビランド』(徳間書店)で『桜田淳子の初恋物語』、『宇宙戦艦ヤマト』を連載。
1976年、特撮ドラマ『忍者キャプター』のキャラクターデザインを手掛け、『テレビランド』でコミカライズを連載。
1977年、『月刊OUT』(みのり書房)で『超人ロック』特集が組まれる。『月刊OUT別冊 ランデヴー』で『超人ロック』の第5作、「新世界戦隊」が連載された。テレビアニメ『超電磁マシーンボルテスV』でキャラクターデザインを手掛ける。
1978年、テレビアニメ『闘将ダイモス』でキャラクターデザインを手掛ける。『マンガくん』(小学館)で『くるくるパッX』を連載。
1979年、『少年キング』(少年画報社)で『超人ロック』を連載。テレビアニメ『未来ロボダルタニアス』でキャラクターデザインを手掛ける。

1985年、『月刊コミックNORA』(学研)で『TWD EXPRESS』を連載。
1995年、『MEGU』(青磁ビブロス)で『超人ロック』を連載。
2003年、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)で『超人ロック』を連載。
2007年、『コミックフラッパー』(メディアファクトリー)で『超人ロック』を連載。

2017年、慢性副鼻腔炎の手術後、心停止。蘇生するが昏睡状態。心臓手術を受ける。
2020年6月9日、ロックの日に2017年よりパーキンソン病に罹患している事を明らかにする。漫画家は続ける意向。

主な作品

超人ロック くるくるパッX TWDエクスプレス ファルコン 忍者キャプター 電人ザボーガー コンドールマン

掲載雑誌


関連タグ

漫画 漫画家 作画グループ SF 超人ロック くるくるパッX

外部リンク

電脳かば 聖悠紀オフィシャルサイト

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「聖悠紀」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「聖悠紀」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84490

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました