ピクシブ百科事典

辺獄のシュヴェスタ

へんごくのしゅゔぇすた

竹良実による漫画作品。小学館の漫画雑誌「月刊!スピリッツ」にて連載。
目次[非表示]

概要

「辺獄のシュヴェスタ」とは、竹良実による漫画作品。
16世紀の神聖ローマ帝国、現在のドイツ南西部を舞台に、神の名において行われた惨劇と復讐の物語である。

連載誌は小学館「月刊!スピリッツ」(2015年2月~2017年12月)、全32話。単行本は「ビッグコミックス」レーベルで全6巻。
pixivコミックで3話まで無料公開中(⇒リンク先はこちら)。残酷な描写が多いので注意。

あらすじ

家族に忌み嫌われた少女・エラは人買いに売られそうになり、逃亡。彼女を救った薬師アンゲーリカはエラを娘として大切に育て、エラは人としての愛と様々な知識を与えられて育つ。

ある日、村に「クラウストルム修道会」の総長エーデルガルトと異端審問官ヴィルゲが現れ、アンゲーリカを魔女として告発、拷問にかける。エラは母を救おうと試みるが失敗。アンゲーリカは愛娘を護るために信仰を捨てて魔女であると認め、虚偽の告発を強要されたあげく絞首刑の上に火刑に処されしまう。母の死を前に、エラはエーデルガルトへの復讐を誓うのだった。

“魔女の子”として囚われたエラはカトリックの更生施設「クラウストルム修道院」に収容される。そこは更生施設とは名ばかり、高い石壁で少女達を外界と遮断し狂った信仰を植え付けようという洗脳施設だった。エラは修道院で行われる凄惨な“教育”の数々に耐えながら、施設からの脱出と告発を目的とする仲間たちと協力。ひっそりと情報を集め、力を蓄え、数々の仕打ちや苦境に耐え、時に犠牲を払いながら、この狂った修道院に抗っていく。

キーワード

“血の伯爵夫人”バートリ・エルジェーベトが乙女の血を搾り取るために作ったという伝説が残る、聖母マリア像の形をした中世ヨーロッパ拷問具。現存するものはレプリカのみで、実際に使われたか、或いはそもそも実在していたのか、議論は尽きない。
「鋼鉄の処女は存在するのか」という問いかけで始まる第1話は、現代のドイツ・ライン川の水底から、隻眼の「鋼鉄の処女」が発見されるところから始まる。その体にはバチカンの紋章と共に、「1562年 分水嶺の血の記憶に」と刻まれていた。そして、物語の舞台は16世紀のドイツ(神聖ローマ帝国)へと飛ぶ。

  • 新教派
宗教改革によって誕生したキリスト教の宗派「プロテスタント」で、作中ではマルティン・ルターに酔って誕生した「ルター派」を指す。作中の時代である16世紀ははまさにカトリック(旧教)の腐敗が頂点に達し、宗教改革が巻き起こった時代。カトリックとプロテスタントの争いは激化している。

  • クラウストルム修道院
黒の森(シュヴァルツヴァルト)の「七つの背骨」と呼ばれる嶺の中にある修道院。「魔女の子」とされた少女達を集め、正しい信仰に立ち返らせる為の施設…とされている。少女達は「修練女」として3年間“教育”を受ける。指導に背くと残虐な“罰”を与えられる。高い石壁に囲まれており、外に出ることは出来ない。
先輩の修練女のことは「お姉様(シュヴェスタ)」、後輩は「妹(シュヴェスタ)」、指導に当たる修道女のことは「お母様(ムター)」と呼ぶように指導される。

  • 分水嶺
水系の境目にある山嶺のこと。転じて「物事の分かれ目」を意味する言葉でもある。作中では、ドナウ川ライン川の分水嶺である「七つの背骨」にクラウストルム修道院があり、院内に引き込まれた水路も二股に分かれて一方がドナウ川、もう一方がライン川に繋がる。そのため、この修道院そのものも「分水嶺」と呼ばれる。

登場人物

分水嶺の仲間たち

辺獄の


  • エラ・コルヴィッツ
主人公。黒髪で小柄な少女。鼻の一文字傷は義母アンゲーリカを救おうとした時についたもの。激しい怒りの炎を胸に秘めた不屈の精神の持ち主。非常に聡明で、義母から教わった知識も豊富に持っている。その生い立ちから、サバイバビリティはかなり高い。
エーデルガルトに近づくため、表向き従順な娘として振る舞い、自ら切断刑の処刑人となるなどして信用を得ていく。目的遂行のために苛烈で冷徹な行動が目立つものの、その心の奥にはアンゲーリカに教わった愛や優しさ、誠実さが常にある。
コルヴィッツ姓はアンゲーリカのもので、本来の姓は不明。

  • カーヤ・ジンメル
分水嶺でエラが最初に接触したロマの少女。大柄で褐色の肌、長い黒髪を後ろでまとめている。被差別民だったこともあり、蔑視や差別待遇に打ち勝って生きるための知識や能力を欲しており、当初は能力も知識もないヒルダは切り捨てるべきとまで考えていた。ほとんどの汚い仕事をエラが進んで行っていることに負い目を感じ、エラをサポートするように動いている。

  • ヒルデ・バルヒェット
裕福な印刷屋の娘。金髪のショートカットで、エラと同じくらい小柄。どんくさくて失敗ばかりしていたが、それが功を奏して、分水嶺の食事にマナ(麦角アルカロイド)が混入されていることを見抜くきっかけとなった。作中で最も成長したのはこの多分娘。

  • テア・グライナー
赤茶の髪の少女。農家の娘で、狩りや畑仕事が得意。1人で分水嶺から脱出しようと計画を練っている時にエラと出会い、あくまで「分水嶺からの脱出」のために、エラ達に協力することになる。部屋に抜け穴が有り、エラたちはテアの部屋から夜な夜な森に出て食料の調達や打ち合わせを行っている。

  • コルドゥラ・フォン・シュタイン
元貴族の少女で、ウェービーヘアな茶髪のお姉さま。エラ達の上位生(1年先輩)にあたる。かつてエラたちと同じように仲間を集めて抜け穴を使い、脱走を企てて失敗した経験がある。エラ達に自分の経験を教えたり、監督生としての立場を利用してフォローしたりしてくれる。

クラウストルム修道会

  • エーデルガルト

クラウストルム修道会の総長。無痛症のため身体的苦痛を感じることがなく、聖痕を与えられたものとして崇められている。修道会が独占している知識や技術を奇跡の如く使って見せることで大衆の信仰心を強固にし、神への信仰と秩序の下に皆が自律して生きる世の中を目指す。目的の為に病を撒いたり前院長を殺害するなど、その信念は狂信の域に達している。

  • ヴィルケ
異端審問官で、修道会のNo.2的存在の男。拷問に耐えて信仰心を捨てなかったエーデルガルトを崇拝し、彼女の手足となって動いている。信仰(エーデルガルト)の為ならどんな残忍なことも行い、どんな悪事も正当化してしまう狂信者

  • ロスヴィータ
エラ達を指導する修道女(ムター)。かつて暮らしていた修道院が新教派に襲われ、右目と弟を喪った。右足も不自由になり、杖をついて歩く。その時に救ってくれたエーデルガルトに心酔している。

  • ナターリエ
コルドゥラやジビレ達の指導にあたる修道女。常にクールで知的、洞察力も高い。常に自らの務めを忠実に、冷徹に、冷酷に果たす。

  • ハイデマリー
短髪で目付きの鋭い修道女。ユダヤ人の家の出身で、ロマ出身で自身と似た境遇のカーヤに目を掛けている。

  • ヘルガ・フォイルゲン
かつてテアの部屋にある抜け道を使っていた元修練女。機械のような暗算能力と超人的記憶力を合わせた“見渡す者”の力を持つ。今は自らの意思で考えることも動くことも出来ぬ状態で、エーデルガルト達に命じられるまま、覚えた記録を暗唱したり、計算機役を務めたりするだけの存在になっている。

その他の修練女達

  • ジビレ

コルドゥラと同じくエラの上位生。ムター・ナターリエを慕い、修練女達を密告したり積極的に罰や拷問を与える役を買って出ることで信頼を得ていた。エラ達を救おうとしたコルドゥラに目をつけて密告。しかしコルドゥラを救おうとしたエラにハメられ、無実の罪で右腕を切断される。

  • クリームヒルト・レンツ
エラ達の同位生。修道会に従順に振る舞っている“優等生”だが、Sっ気が強く、笑顔で酷い事ができるタイプ。非常に賢い。特に記憶力に優れ、本人曰く「一度見たことは忘れない」とか。カーヤとは因縁がある。


その他の人物

  • アンゲーリカ・コルヴィッツ

エラの育ての親となった女性。聡明で知識に富み、誠実で篤い信仰心と溢れんばかりの慈愛の持ち主。右腕には盗人の烙印を押されているが、これは盗みをして捕まったエラの罪を肩代わりしたもの。ヴィルケによって魔女裁判の末に縛り首、火炙りに処され、命を落とす。彼女が殺された本当の理由は、彼女がクラウストルム修道会の重要な秘密を知ってしまったからだった。

  • ランベルト
表向きは聖歌隊声楽士だが、裏では暗殺者として働いている男。裏の仕事の時は、その手口から“首切り人”と呼ばれる。両親が殺され、妹のヨハンナが分水嶺に入れられてしまったことでエラ同様にエーデルガルトへの復讐を企て、失敗してしまう。エラは彼との出会いと別れを通じ、大切なことを学ぶことになる。
実はアンゲーリカに命を救われたことがあり、その時に幼いエラとも出会っている。

  • フリッツ・ベルクマン
金貸しの小男。ランベルトを分水嶺に送り込んだ男でもある。人脈が広く、新教側に肩入れしている。クラウストルム修道会の勢力拡大を快く思っていない。

  • ラースロー
クラウストルム修道会から、「鋼鉄の処女」に取り付ける胸像の制作を依頼された彫刻家。処刑道具に命を吹き込むことへの罪悪感に苦しむ。


関連タグ

アイアンメイデン キリスト教

マリア様がみてる
→女だけの学園内で互いを姉妹と呼び合い、女同士の人間関係を描く点が似ている。内容は真逆。

関連記事

親記事

ビッグコミックスピリッツ びっぐこみっくすぴりっつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「辺獄のシュヴェスタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1860

コメント