ピクシブ百科事典

抗核エネルギーバクテリア

こうかくえねるぎーばくてりあ

平成ゴジラシリーズに登場した生物兵器。
目次[非表示]

概要

平成VSシリーズのゴジラは、核エネルギーを吸収して自身のエネルギーにしている。そのゴジラの細胞から「核を食べる遺伝子(遺伝子が直接核を食べるとは考えにくいため、おそらく核エネルギーを吸収する身体機能の発現を支配する遺伝子だと考えられる)」を取り出し、バクテリアに組み込むことで誕生した「核を食べるバクテリア」こそが抗核エネルギーバクテリアである。
劇中では劇中では省略して抗核バクテリアANEB(Anti-Nuclear Energy Bacteria)とも呼ばれている。

その名の通り、放射性物質をまるごと無力化してしまう事が可能であり、核物質をエネルギー源にしているゴジラにも有効な生物兵器となり得る。
一方で核兵器をも無力化してしまうという性質から、冷戦当時における大国間のパワーバランスを崩壊させる危険性も秘めており、各国はこのバクテリアを巡って血みどろの奪い合いを繰り広げることになった。

劇中ではゴジラ復活の兆候を察知した黒木特佐の依頼を受けて白神博士が制作し、その後は自衛隊バイオメジャーの工作員、そしてサラジア国の暗殺者による激しい争奪戦が行われ、紆余曲折の末に自衛隊がこれを奪還。ロケットランチャーの小型弾頭に詰められて大阪を進撃するゴジラに対して使用された。

スーパーX2を囮にして一斉発射された弾頭のうち、二発はゴジラの表皮を貫通。更に作戦指揮官の権藤一佐自らの命を犠牲にして放った一発は口腔内に撃ち込まれ、原発三基を停止できるほどのバクテリアがゴジラの体内へ送り込まれた。しかし、当初はゴジラの体温が想定以上に低かったため上手く体内で増殖せず、潜伏期間を過ぎても効力を発揮出来なかった。

その為、黒木特佐は若狭にて人工落雷によってゴジラの体温を上昇させる「サンダービーム作戦」を展開。更に作戦失敗直前に現れたビオランテとの戦闘でゴジラの体温が上昇し、ようやくバクテリアが効力を発揮。ゴジラは海中へ昏倒したのち日本海の海底で眠りについた。

この後、23世紀まで200年近くゴジラは眠り続けているので、対ゴジラ兵器としては相当に優秀な部類である(続編であるゴジラVSキングギドラで未来人の歴史改変により、新たなゴジラが誕生してしまったが)。

余談

残念ながら、54年版『ゴジラ』に登場したオキシジェンデストロイヤーと同様、開発者の白神博士が死亡してしまったため、その後の作品には一切登場していない。

別に白神博士じゃなくてもスーパーメカゴジラとかモゲラとか作れる技術力があるのだから作れそうな気がするが、主人公の桐島が「G細胞と『必要な人間(白神博士)』が無ければ抗核バクテリアは作れない」と評しているため、やはり他の人間に作る事は出来ないようだ。

VSデストロイア』ではミクロオキシゲンからオキシジェンデストロイヤーへの開発に至るにはいくつかの技術的な関門があることが語られており、抗核エネルギーバクテリアも同様に、白神博士でなければ完全なものを作り出せない何かがあるのかもしれない)。

アニメ映画『GODZILLA』の前日談小説『怪獣黙示録』では、異星人ビルサルドから提供された技術として登場。ゴジラによって放射能汚染された欧州の除染に用いられた。

関連項目

生物兵器
ゴジラ ゴジラVSビオランテ 怪獣黙示録
薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん!

pixivに投稿された作品 pixivで「抗核エネルギーバクテリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1138

コメント