ピクシブ百科事典

日米安保条約

にちべいあんぽじょうやく

1951年9月と1960年1月に日本とアメリカ合衆国との間の軍事的協力関係を規定した条約
目次[非表示]

日米安保条約(にちべいあんぽじょうやく、英語:Security Treaty Between the United States and Japan、Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan)は、日本国アメリカ合衆国との間の軍事的協力関係を規定した条約。2022年4月現在まで存続している条約の正式名称は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約である。この条約は1951年9月にサンフランシスコ講和条約と共に締結された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約を引き継ぎ、1960年1月に締結された日本アメリカの2国間条約である。

同条約ではアメリカ軍が日本国内に駐留する事を規定しており、いわゆる日米同盟の軍事的裏付けとなるものである。

その他

  • 1952年4月に発効された旧安保条約では形式的に駐留の継続を要請していたものであり、アメリカ軍には日本を防衛する義務は無かったと言われる。1960年6月に発効された条約は、日本・アメリカ双方日本及び極東の平和と安定に協力する事を規定している。
  • 1952年4月に発効された条約は新たな条約が成立する事により、自動的に失効すると規定されていた。
  • この条約では集団的自衛権が行使されないと言うのが、2015年5月までに行われていた法解釈であった。
  • この条約はアメリカの考えでは、日本の軍事大国化の警戒を目的としている。
  • 1960年1月に締結された新安保条約の批准の際は学生運動が盛んな時代であり、反対運動が行われた。


関連タグ

安全保障 日米友好 NATO 自衛隊 わたしたちの同盟

参照

関連記事

親記事

アメリカ軍 あめりかぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日米安保条約」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1435

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました