ピクシブ百科事典

自由主義

じゆうしゅぎ

専制・独裁政治に反対し 個人の自由を肯定する思想。

自由主義
Liberalism

近代資本主義の成立とともに,17~18世紀に現れた思想及び運動。封建制専制政治に反対し,経済上では企業の自由を初め,すべての経済活動に対する国家の干渉を排し,政治的には政府の交替を含む自由な議会制度を主張。個人の思想・言論の自,信教の自由を擁護するためののであり,イギリスフランスアメリカにおける革命の原動力となった。

個人を尊重し,これに対する国家の干渉を排除しようとする政治思想。歴史的には自然法思想に発し,市民革命の原理となり,経済的には自由放任主義に進んだ。市民社会の発展に伴って主張されたが。産業革命による資本主義の展開と,それに続く19世紀後半の社会主義運動の台頭とともに,こうゆう形,形式的自由だけでなく,生活においても平等である実質的自由という視点が生まれた。

関連
左翼 連帯主義 自由党

コメント