ピクシブ百科事典

潜水艦(海上自衛隊)

かいじのせんすいかん

本記事では海上自衛隊が運用中もしくは、過去に運用していた潜水艦群の概要について記す。
目次[非表示]

概要

日本の潜水艦の建艦技術は、第二次世界大戦終結にともない日本海軍が消滅して以来、長らく断絶していたが、日本海軍の後継組織として海上自衛隊が発足した1954年に米軍よりガトー級潜水艦「ミンゴ」の貸与を受け、2代目「くろしお」として就役させた頃から、戦後の国産潜水艦の建艦にかかわる技術をすでに磨き始めていた。
この「くろしお」に続き就役したのが、日本海軍時代以来10年ぶりの国産潜水艦・2代目「おやしお」で、本艦以降、日本の潜水艦はすべて国産となっている。

海自潜水艦の艦級一覧

艦級が太字であるものは2016年4月時点で現役。

涙滴型以前

単艦建造時期
×くろしお型(同型艦なし)
×旧おやしお型(同上)

小型
×はやしお型
×なつしお型

大型
×おおしお型(同型艦なし)
×旧あさしお型

涙滴型・葉巻型

涙滴型
※この艦体を世界で初めて採用した米軍の実験潜水艦・3代目「アルバコア」にちなみ、「アルバコアファミリー」の一員とされることもある。
×うずしお型
×ゆうしお型
はるしお型→新あさしお型

葉巻型
新おやしお型
そうりゅう型

旧日本海軍から艦名を受け継いだ潜水艦

これら海自の潜水艦の艦名は、長らく潮流を命名法則としていた関係で、旧日本海軍の朝潮型・陽炎型の両駆逐艦からその艦名を受け継いだケースも多い。最新鋭のAIP潜水艦である「そうりゅう」型からは命名法則に瑞祥動物が加わり、旧海軍の空母の名称が復活している。
朝潮型駆逐艦朝潮大潮満潮荒潮の4隻の艦名が潜水艦「あさしお」「おおしお」「みちしお」「あらしお」として受け継がれた。現役に、新「あさしお」型4代目「あさしお」と新「おやしお」型3代目「みちしお」がある。
陽炎型駆逐艦黒潮親潮早潮夏潮の4隻の艦名が潜水艦「くろしお」「おやしお」「はやしお」「なつしお」として受け継がれた。現役は新「おやしお」型3代目「おやしお」と4代目「くろしお」がある。
蒼龍雲龍:ともに空母。両者の艦名をいただくのが「そうりゅう」型2代目「そうりゅう」と同「うんりゅう」である。

関連項目

自衛艦護衛艦
かがいずも型護衛艦の2番艦。旧海軍の空母「加賀」の名を受け継いだ。

コメント