ピクシブ百科事典

ブランデンブルク級フリゲート

ぶらんでんぶるくきゅうふりげーと

ドイツ海軍が、現在所有しているフリゲートの艦級。
目次[非表示]

概要

ドイツ海軍が運用されているフリゲートで、計画名は「123型フリゲート」。海上自衛隊においては、むらさめ型護衛艦がカウンターパートに相当する。ハンブルク級駆逐艦が老朽化しており、ドイツ政府が、90年度から全ての水上戦闘艦をフリゲートの建造に移行するという方針が発表された為、その制度が施行して初めて建造されたのが、本級である。それと同時に、東西ドイツ統一後に初めて計画されたのも本級である。

全体的に見てみる通り、フリゲートとは思えない程ずんぐりむっくりとしており、ネームシップが初めて進水した時、世界の軍事評論家らは「軽巡かお前!?」と言わしめた程大きさだった。しかし、武装面では今日のフリゲートそのものである。搭載するエグゾセMM38艦対艦ミサイル連装発射筒や、魚雷の管制盤は、前級のハンブルク級駆逐艦からのお下がりである。

本級は、現在第2フリゲート戦隊に所属している。

同型艦

No艦名工廠起工進水竣工退役
一番艦ブランデンブルクB+V1992/02/111992/08/281994/10/14
二番艦シュレースヴィヒ=ホルシュタインHDW1993/07/011994/06/081995/11/24
三番艦バイエルン北海製作所1993/12/161994/06/301996/06/15
四番艦メクレンブルク=フォアポンメルンブレーマー・フルカン1993/11/231995/02/231996/12/06



諸元

全長138.9m
全幅16.7m
基準排水量3890t
満載排水量4900t
武装
  • OTM_76mmコンパクト砲1基
  • MLG-27_27mm機関砲2基
  • RAM近SAM_21連装発射機2基
  • Mk.41_mod.4_VLS1基
  • エグゾセMM38_SSM連装発射筒2基
  • Mk.32_短魚雷連装発射管2基
C4I
  • SCOT-3_衛星通信
  • SATIR-F123+リンク_11/16
速力29ノット
乗員222名



関連タグ

ドイツ海軍 軍艦 フリゲート むらさめ型護衛艦

pixivに投稿された作品 pixivで「ブランデンブルク級フリゲート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント