ピクシブ百科事典

沿海域戦闘艦

えんかいいきせんとうかん

近年の多様化する任務に合わせて開発されたフリゲート艦。米軍での正式名称はLCS(Littoral combat ship)

概要

21世紀を前にして冷戦が終結した後、戦闘は正規軍同士のものだけではなくなった。非正規戦は地上だけでなく、テロ組織や海賊などのか活発化している今日に、既存の駆逐艦では対処が難しく、しかし小型の船舶では外洋での活動は厳しいものとなる。
また21世紀に入るとネットワークを中心とする戦いに移り変わってきてこともあり、既存の概念で開発された戦闘艦では対処が出来ないことは目に見えていた。

そこで米軍が導き出したのが既存のフリゲートに変わり、浅い沿海での多様な任務に対処でき、コストが安い艦である。

ミッションパッケージと呼ばれる任務に合わせた装備を艦に搭載し、運用する。

モノハル型のフリーダム級と、トリマラン型のインディペンデンス級の二種類が開発・建造されており、運用されている。

ちなみに海上自衛隊でも、現在海自唯一の沿岸護衛艦(DE)であるあぶくま型護衛艦全6隻以来久々のDEとして、DEXと呼ばれる新たな小型護衛艦の建造が計画されており、そのイメージ画像によると、DEXの船体は前述のフリーダム級によく似ている。また、あぶくま型にはないヘリ運用能力も付加されるという。

関連項目

オリバー・ハザード・ペリー級フリゲート
あぶくま型護衛艦

pixivに投稿された作品 pixivで「沿海域戦闘艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1207

コメント