ピクシブ百科事典

グラスゴー級フリゲート

ぐらすごーきゅうふりげーと

イギリス海軍が、開発しているフリゲートの艦級。

概要

通称『26型フリゲート』と呼ばれる本級は、将来における多機能フリゲートとして開発が進められており、2017年7月20日に建造が始まっている。しかし、イギリスでの呼称は、『グローバル戦闘艦』と言われている。

ノーフォーク級フリゲートと同じステレス性の艦体を持つが、艦橋の高さが少し低くなっているほか、塔型のマスト側面の配置の変化も見られ、主砲もMk.45 mod.4 5インチ単装砲にグレードアップしている。排水量も大幅増加し、6890トンになった(実際には満載排水量の計量であり、基準排水量は不明)。これにより、ドイツ海軍バーデン・ヴュルテンベルク級フリゲートには及ばないものの、戦後に建造されたイギリスのフリゲートとして歴代最大となった。

関連タグ

イギリス海軍 軍艦

コメント