ピクシブ百科事典

じんまたはにんあるいはひとし

複数の意味で使われる言葉。
目次[非表示]

とは

  1. 儒学におけるの一つ。 → 本頁で解説
  2. 日本人における人名の一つ。「じん」あるいは「ひとし」。 → 下記一覧参照
  3. 果実の核で種子の別称。もしくは種子の核。じん。にん。さね。
  4. 細胞の核内に存在する粒状の核小体の別称。

儒教における「仁」

儒教の祖である孔子が唱えた道徳の一つで、他者への思いやりや愛情、優しさなどを意味している。
君子に必要な最重要な徳として説かれ、普遍的で根源的なと言える。
現在では、慈悲を他者へ及ぼすこととされる。

名前としての「仁」

「仁」という文字は日本人人名にもよく使われる。
皇室でも清和天皇以降、皇族男子の通字(先祖代々、特定の文字を諱に入れる習慣)として使われるようになり、「~仁(~ひと)」と読む。
ちなみに今上天皇陛下のお名前は「明仁(あきひと)」である。

「仁」という名の実在の人物


「仁」という名の架空の人物


関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「仁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 945913

コメント