ピクシブ百科事典

友鶴事件

ともづるじけん

旧日本海軍が起こした海難事故の一つ

友鶴事件とは、1934年に起きた、旧日本海軍水雷艇「友鶴(ともづる)」が嵐で転覆した事件のことである。トップヘビーの代名詞とされる。

当時、ワシントン・ロンドンの両海軍軍縮条約で軍艦の数量が絞られたため、どの艦種でも限られた排水量の中にできるかぎりの武装を積み込む設計がなされた。砲にしろ魚雷発射管にしろ武装は水面上に積まれるため、重武装すれば当然上の方が重くなり不安定になる(トップヘビー)。無論、それでも安全に航海できるよう計算はなされていたのだが、ついに限界を超えてしまったのが友鶴事件である。

この事件の結果、水雷艇は無論、重武装を誇った吹雪型初春型駆逐艦ほかが武装を軽減され、当時計画中の空母蒼龍が巡洋艦並みの主砲に大量の艦載機という火葬艦状態だったのがまともに改設計されるなどした。

だが、同じ背景から発生した船体の強度不足という問題が、翌年の第四艦隊事件で発覚することになるのである。

詳細はWikipedia参照

pixivでは、軍艦関連(艦隊これくしょんなど)で武装などがてんこ盛りされてバランスが悪そうなイラストにタグ付けされている。

関連タグ

艤装特盛これくしょん トップヘビー

pixivに投稿された作品 pixivで「友鶴事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121978

コメント