ピクシブ百科事典

加古

かこ

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、旧日本海軍の重巡洋艦を擬人化したキャラクター。
目次[非表示]

モチーフとなった実艦は→加古(重巡洋艦)を参照のこと。

図鑑データ

艦名加古
図鑑No53
艦級古鷹型2番艦
艦種重巡洋艦
CV大坪由佳
絵師UGUME
改造加古 → 加古改(Lv25) → 加古改二(Lv65)


「古鷹型重巡の2番艦、加古ってんだ、よっろしくぅー!」

加古!出撃~、古鷹!付いて来て~!

艦隊これくしょん』稼働当初から登場していた重巡洋艦娘
古鷹型 1番艦の古鷹とは、実艦の起工(開発)は加古が先で、竣工(完成)は古鷹が先という複雑な関係となっており、旧軍の公式書類でも、「加古型」とされていた時期があった。そのため他の多くの姉妹関係とは異なり、どちらが姉と断言する様子が見られないという特徴がある。
「加古」という名前自体、当初川内型軽巡洋艦の1隻として建造予定だったものが計画変更された名残であり、由来の名を持つ古鷹とは異なり、川内型と同じ由来(加古川)となっている。

そうした史実と設計自体の古さを反映してか、性能は低いと言われた古鷹を更に下回る、明白に他の重巡洋艦娘に見劣りするステータスに抑えられてしまっており、特に「火力」は駆逐艦娘にすら負ける者が出てくるという貧弱な状態であった。
これは古鷹と共に2度の上方修正が行われた事で神通改二並にまで改善(「火力」ステータスの伸びは実に+21にも達した)し、2015年6月12日には改二が実装された事でようやく差別化を果たしている(加古改二)。

よっしゃあ!あたしの容姿だね!

古鷹同様に、幼さが残るミドルティーン程度の体格。こちらは瞳が光るという事もなく、一般的な少女然としている。髪色は黒で、後ろの一部分のみを極端に伸ばした、昔の武道家のようなイメージである。
また、前髪右側に銀のヘアピンを付けているが・・・

制服も古鷹と同じ変形セーラー服を着用する。ポーズの関係で捲れ上がっており、非常に際どいが、中途半端な年齢設定がエアポケットとなっているのか、さほど性的な目で見られる事も無いようだ。
靴下はグラフィックからは確認できないが、少なくとも古鷹のように左右で長さが異なるという事はないだろう。屋内では素足でいるものとして描写される場合もある。

加古スペシャルを食らえ!
らくがきとか


艤装の配置は古鷹よりもバランスが良く、右側は連装砲3セットを腕を包み込むように装着し、左側は状の金属板とその上に連装砲を1基置いている。背面には電探と煙突を1本ずつ設置する。
脚の魚雷管も左右のふとともに1セットずつ振り分けており、膝から下に武装は無い。両足に履く主機は古鷹のものよりだいぶ洗練され、丸みを帯びた長靴のようなデザインとなっている。

性格・・・ふあぁあ、ねむい・・・

外見通りに明朗快活、サバけた口調のボーイッシュ艦娘である。
ただし、暇を持て余したり、体力が落ちてきたりするとすぐに寝てしまおうとする、国民的怠け者ばりの居眠りがある。面倒ごとを古鷹に丸投げしようとする一面もあり、秘書艦としての働きはお世辞にも良いとは言えない。時報ボイスも収録されていない。

戦闘では啖呵を切りながら勇ましく立ち回るが、あくまでも個人的な勝負事といった感覚が強いようで、古鷹や、その他多くの艦娘が見せる使命感のようなものは伺えない。
これは、実艦が第一次ソロモン海戦の大勝翌日に、警戒を緩めた隙を突かれて米潜水艦に撃沈されたという史実を反映した、一種の慢心ドジっ子属性なのだとする説もある。
ちなみに「潜水艦トラウマ組」ですらなく、古鷹の方が余程警戒している有様である。大物なのかアホの子なのか・・・

他にも面白い台詞は多く、夜戦において「加古スペシャル」なる技を放ったり、中破時の服ビリ演出に対して「こっの変態ヤローが!」とキレたりと、言動の端々に独特の感性が見え隠れする。つくづく時報ボイスの早期実装を願いたいところである。

だめ・・・だるい・・・余談が・・・まぁいいか・・・

『艦これ』では、母港画面で艦娘に触れると、基本的にそのまま提督が触れているものとしてゲーム内に反映されるのだが、加古の場合この処理がかなり特殊なものとなっている。
なんと、スカートを引っ張る事ができるのである。

他にも提督からのセクハラを示唆する艦娘は存在する(その時点で大概公式が病気なのだが)ものの、ここまで白昼堂々事案を起こした例は彼女くらいのものである。作戦会議中だろうが構わず寝こけようとする姿にむしゃくしゃしてやったという事なのだろうか・・・
一種の公式エロ担当とも言えるが、先述したように二次創作で加古がそのように扱われる事は稀である。幸運艦と見るべきか、体の張り損と見るべきか・・・

はい×4、ちゃんと聞いてるからァ!?


(画像はイメージです。ゲーム中のグラフィックは変化しません)

「はいはいはいはい!ちゃんと聞いてるから!スカート引っ張んないで!」


また、2015年2月23日期間限定イベント終了とともに家具「鎮守府カウンターバー」の補強がなされ、以前にも増して艦娘達の飲酒事情が分かるようになった。
ここで夜通し飲み明かす「ちゃんぽん朝まで飲み勢」という枠が登場したのだが、加古がまさかのその一人だった

加古さん


(画像はイメージです)

21~22時に日本酒を開け、22~翌1時にはワインを飲み、そして明け方5時までウィスキーを煽るという筋金入りの酒豪ぶりを見せつけた。
長門下戸だったという事実をある程度予測できた提督達でも、まさかのダークホースの登場に驚かされる事に。
そして同時に、こうも思った――

    

なおこの設定には、加古最後の艦長である高橋雄次大佐が関連している模様。
若手士官が彼を酔い潰そうと企てた所、逆に参画した若手士官全員を酔い潰した挙句、「本番はこれからだ」とばかりに悠々と呑みへ繰り出したというエピソードがある。

もしかすると、加古も彼女とは別の意味で夜型なのかもしれない・・・と言うか仕事しろ

あたしの改二ができたという報告でーす

そんな加古であったが、改二の実装によって内外共に様変わりする程の変貌を遂げている。

カコッテいいンダー


誰だお前はと思った方は加古改二へ。

おぉ、目が冴えてきた。関連イラストがみなぎってきたよ!

古鷹型重巡洋艦二番艦
かこちゃん


【艦これ】ついぴくまとめ。
起工日のおでかけ



提督に・・・関連タグが・・・起きてる!起きてるよお!

艦隊これくしょん 重巡洋艦娘 古鷹型 残念な美少女
三川艦隊 第六戦隊 加古改二

  • 古鷹:古鷹型1番艦であり、史実での僚艦。ゲーム内でも基本的に二人がセットで扱われているため、人間関係も基本的に彼女に準じている。二次創作では「加古鷹」のカップリングも存在。
  • 青葉(艦隊これくしょん)衣笠(艦隊これくしょん):古鷹型の設計を元にした準同型艦。古鷹は青葉との縁も深いため、なし崩し的に加古と衣笠が組になっている事がある。ゲーム内での明確な描写は無いが、「加古衣」のカップリングも存在。
  • 卯月(艦隊これくしょん)睦月型駆逐艦娘。史実では「加古」沈没時に乗員の救援を行っており、それを意識してか「改」以降加古のヘアピンを形見のように持つようになる。
  • 深雪(艦隊これくしょん):ムラのある性格や「深雪スペシャル」というネーミングセンス等、共通点の多い吹雪型の駆逐艦娘。もっとも、あちらの方がだいぶ意欲的である。

加古(重巡洋艦)

pixivに投稿された作品 pixivで「加古」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9704926

コメント