ピクシブ百科事典

加古(アズールレーン)

かこ

艦船擬人化シューティング・ゲーム「アズールレーン」に登場するキャラクター。日本海軍の重巡洋艦「加古」を擬人化したもの。
目次[非表示]

概要、間違えてます。あとここ、こんなとこまで教えさせないでください

重桜所属のキャラクター。レアリティはN→R(改造)。CV:影山灯
アズールレーンでも数えるほどしかいない眼鏡キャラクターの一人。ふわふわな古鷹と違ってこちらはかなり真面目っ子。
 改造の実装と同時にローディング画面で古鷹と彼女の描かれたイラストがアップされたため、もって無くても見た事は有るという人は多いだろう。ローディング画面の時にぶちゃいくなネコの書かれたバインダーを持っているが、あの画の作者が誰かは不明。ドロップは3章からと比較的早め。敵としての登場は少なく(出るとしてもほとんどフルタカ)、出てくるときは大型艦隊にてフルタカとセットになって撃ちまくってくる上にシールドを張って肉楯もしてくる難敵となる。

丁度いいところです。容姿の仕分けがおわりました。

茶色の髪をおさげにしている。そして眼鏡。古鷹型共通の白いイタチ耳とノースリーブの制服、ロンググローブが特徴。あと眼鏡。艤装の形状はアーム型。左腿に魚雷発射艦があるあたり重桜らしさが垣間見れる。最後に眼鏡。
改造によって大成長を遂げる子の一人。性能は勿論、何と言っても身体つきはどう足掻いても無視できない。眼鏡も外さない。それでいい。それがいい。

私の性格、これでも代表的な重巡よ!

 自分にも他人にも厳しい眼鏡っ娘。厳しい言動が殆どを占めており、ロイヤルのツンデレ以上に全くデレというモノを感じさせてくれない。艦隊の雰囲気は認めても指揮官は認めてくれない。哀しい。少しでもいじめようものなら憲兵を呼ばれる鉄壁っぷり。
 でも本当は指揮官を認めたいと思っているが、素直になれないから一々「課題」を出して、それを指揮官がクリアしてくれたら誉めるという回りくどい事をするめんd…ゲフンゲフン、難儀な子。こんな難儀な性格を背負ったのにもちゃんと理由は有り、古鷹曰く「国産重巡のプロトタイプとして設計された」事に対する意識が強すぎるが故。姉は姉でふわ~っとしてるのも要因かもしれないが、とにかく自分たちが重巡として先駆である事は誇りであると同時にプレッシャーであり、後輩たちの基本となるために自分(と指揮官)を律するという、某郵便局のCMを借りればまさしく文字通りの「ばかまじめ」。妹の青葉を心配する発言や、間違いという間違いを見つけてはきちんと修正を求めたり、任務を完遂したら待ってましたとばかりに褒める所から、性根の良い子である事はよくわかるだろう。
 改造すると発言がだいぶ変わる。というか見せなかったデレを少し見せてくれるようになるほか、少し発言が砕ける。それでも間違ってるところは見逃さない「ばかまじめ」さは健在である。

私の実力、見せてあげる…!

 Nレア状態では「火力全開」と「全弾発射」くらいしかスキルがない。「火力全開」による火力上昇値が素で20%のため、非常に強力な砲撃を見舞う事が出来るが、砲のリキャストが基本的に長い重巡であり、一枠は魚雷で埋まるため、装填を強化し射速の速い武器を装備していないと恩恵にあやかりにくいのが欠点。改造によって解放できるスキルは「自発装填」。ちょっと間をおいてからもう一発魚雷を飛ばす連続雷撃である。これにより、砲でも雷撃でも畳み掛ける事が出来る火力ゴリラになる。彼女に限った事ではないが、敵の時に使ってくる三枚シールドは出してくれない。

古鷹と違うのは最終的なカタログスペックくらい。それも誤差程度でどちらがどうというのは全くない。姉妹艦バフ等は無いため、無理して組み込む必要もない。好みでどちらか選ぶもよし、それでも二人並べて撃ちまくるもよしである。

関連イラストならいつでもお受けします

加古



この関連タグはいいですね。指揮官を除いて

アズールレーン 古鷹(アズールレーン) 古鷹型 眼鏡 真面目

加古(艦隊これくしょん):あっちの自分。性格は真逆でぐーたら。

指揮官

pixivに投稿された作品 pixivで「加古(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143546

コメント