ピクシブ百科事典

加古里子

かこさとし

加古里子とは、日本の絵本作家、児童文学者で元化学系研究者。ひらがなで「かこさとし」と表記する事もある。
目次[非表示]

概要

1926年3月31日生、福井県出身。本名は中島哲(なかじまさとし)。

東京大学を卒業後昭和電工で研究職の傍ら地域福祉活動に参加。
児童向け人形劇、紙芝居などの活動をはじめ47歳で専業作家となる。
600冊を超える著書を発表し、90歳を越してなお現役の息の長い作家であった。

理系の研究者らしく、子供達に科学をわかりやすく解説した作品、失われつつある伝統の遊びを記録した書物も多くある一方、「どろぼうがっこう」「だるまちゃんシリーズ」などのように
ほのぼのしつつも発想がトンでいる作品も多数手がけていた。
2018年5月2日、慢性腎不全のため92歳で死去。
死去する半年前まで新作を発表しているほど、最後まで創作の情熱を熱く持ち続けていた。

代表作


関連イラスト

からすのパンやさん
だるまちゃんとてんぐちゃん


大人にも愛される。……活動歴がかなり長いので、投稿者の皆さんの年齢を詮索するのはなしで。

おとうとです
こみぽちゃんとかなめちゃん


幼い頃に親しんでいた投稿者(多分)により、パロディに使われる事も。

表記揺れ

かこさとし

関連タグ

絵本 児童文学

pixivに投稿された作品 pixivで「加古里子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3159

コメント