ピクシブ百科事典

さんさん録

さんさんろく

『さんさん録』とは、こうの史代の漫画作品である。「男やもめ」になってしまった爺さんが、奥さんの残した「記録」を頼りに、日々を歩んでいくお話。
目次[非表示]

あらすじ

長年連れ添った妻「おつう」を突然亡くしてしまった主人公「奥田参平」は、流されるままに息子一家と同居を始める。
しかし、やはり慣れない同居に居づらくしていた折に、ふと見つかった、妻の遺した「奥田家の記録」。

この「記録」を頼りに、息子一家の「主夫」をしながら、一人息子の「詩郎」、嫁で元花屋の「礼花」、無愛想だけど虫好きな孫「乃菜」、
そして、一家に近づいてきた女性「仙川イオリ」と関わっていき、その日々を過ごしていく。

さんさんさん



なお、主人公の参平が、妻「おつう」から「参さん」と呼ばれていたため、
参さんの記録」という意味で本作のタイトルは「さんさん録」という。

関連タグ

漫画アクション おじいさん

関連リンク

さんさん録 : 1 (アクションコミックス) 電子書籍: こうの史代: 本 : Amazon.co.jp
さんさん録 : 2 (アクションコミックス) 電子書籍: こうの史代: 本 : Amazon.co.jp

pixivに投稿された作品 pixivで「さんさん録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1459

コメント