ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

賤ヶ岳七本槍とは賤ヶ岳の戦い豊臣秀吉陣営として参戦し特に活躍が目覚ましかったとされる七名の武将を指す言葉である。


詳細

具体的には、


  1. 福島正則
  2. 加藤清正
  3. 加藤嘉明
  4. 脇坂安治
  5. 平野長泰
  6. 糟屋武則
  7. 片桐且元

 の七名を指すが、加藤清正福島正則は共に豊臣秀吉の縁戚でありこの当時で高禄を得た武士であったことから他五名との釣り合いが取れず、更に賤ヶ岳の戦いで大いに活躍したのは他にも、


  1. 桜井佐吉家一
  2. 石川兵助一光
  3. 石田三成
  4. 大谷吉継
  5. 一柳直盛

 らを含めて合計、十二名(一説には十四名)おり、よって上記七名は得た禄高からも豊臣秀吉が直卒の部下を喧伝したいが為の単なる誇張であるという意見もある。実の所、豊臣秀吉を頂点として考えた場合、福島正則豊臣秀吉の叔母を母に持ち、加藤清正豊臣秀吉の母、なかの従姉妹かそれに類する女性を母に持ちつので加藤清正の方が血縁として上座に来るが、つまりは繰り返しになるがこの両名は豊臣秀吉の血縁に当たるので他五名と並列に列べた場合、蔑称になりかねない訳である。賤ヶ岳の戦いが勃発した時点で豊臣秀吉の直轄地は五百万石という途轍もない禄高になるので、その血縁ともなれば相当の地位に当たるのはお判り頂けるだろう。

 が、豊臣秀吉に見出され相応の禄高を得ておきながら豊臣秀吉没後、幼少である豊臣秀頼の後見人争いとして勃発した関ヶ原の戦いでは石田三成憎しというだけで豊臣政権の重鎮である加藤清正福島正則と、糟屋武則を除いた七本槍全員が徳川家康の東軍に与し、豊臣氏滅亡の大役を買うに至る。武将として優秀であった加藤清正福島正則の両名も関ヶ原の戦いの後、揃って改易されており政治家としては三流と表現する他無い手腕であった。

 殊に自らの手回しによって徳川家康豊臣秀頼二条城で会見させた結果、徳川家康大阪の役による豊臣家滅亡の決心に至らしめた加藤清正関ヶ原の戦いによる加増転封を餌に唯一、親豊臣の藩主として関東からの要衝を治めていた尾張を易々と引き払い安芸広島へと移った結果、江戸から京都への陸路を全て徳川家康に押さえられた福島正則の両名には豊臣秀吉も草葉の陰から嘆いたことであろう。

 尚、賤ヶ岳七本槍で大身のまま一族を繁栄させたのは脇坂安治のみで、加藤嘉明は嫡子である加藤明成が暗愚であった為に、辛うじて家名は存続させたが大量厳封。平野長泰は武勇、政治観共に優れたものの普段から豊臣贔屓を喧伝しすぎた為か大名になれず旗本として明治にまで至る。糟屋武則は前述の通り関ヶ原の戦いで西軍に付き改易。片桐且元徳川家康の言い掛かりに近い方広寺鐘銘事件で折悪しく総奉行を務めており、これが豊臣氏から大変な不興を受けて改易、徳川家康に与すことになるが後に無嗣断絶。

 羽柴四天王といい、どうも豊臣秀吉が名指しして称賛した人物というのは晩年、落ち目となる事が多いのは不思議である。




身も蓋もない事を言えば、

「七本槍」の初出は小瀬甫庵により1626年に初版が発刊された『甫庵太閤記』である。

甫庵は『信長記』や『太閤様軍記の内』を著した太田牛一を「愚にして直(バカ正直)」と見下して、自らの書へは意図的に創作や日時の改変などを入れ込んでおり、その史料的価値には大いに疑問が残る。七本槍という名称もそのメンバーも飽くまで甫庵自身の意図によるものと考えてよい。


関連タグ

豊臣秀吉

豊臣秀頼

豊臣政権


安土桃山時代


七本槍

複数名で語られる武将

関連記事

親記事

複数名で語られる武将 ふくすうめいでかたられるぶしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7512

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました