ピクシブ百科事典

PCエンジンLT

ぴーしーえんじんえるてぃー

PCエンジンLTとはNEC HEのPCエンジンシリーズのバリエーションの一つである。
目次[非表示]

概要

1991年12月13日にNECホームエレクトロニクスから発売された、PCエンジンのバリエーションの一つで、PCエンジン本体に4インチTFT液晶モニタとTVチューナー、コントローラーパッドを内蔵したラップトップ型PCエンジン。その為LTとはラップトップの意味である。
本体・ロゴカラーリングはコアグラⅡ・スーパーCD-ROM²とほぼ同じ。サイズ自体もコアグラⅡに液晶モニタを付けたようなものなので厚み以外のサイズもほぼ同じ。

一見するとPCエンジンGTと同じく携帯ゲーム機に見えるが、乾電池ボックスはおろかバッテリーさえ搭載されていないあくまでも据え置き型ゲーム機である。その為専用のACアダプタが必要になる。
カーアダプタ自体はDuoのものを同梱の変換プラグ経由で使用できる。一応、携帯する事は技術的にバッテリーボックスを自作して外部電源として接続する事はできると思われる。

GTとは違い、PCエンジンのコア構想の要である拡張バスが付いており(本体自体はコアグラⅡと同等とされる)、CD-ROM²SuperCD-ROM²(専用アダプタが必要)にも接続できる。また、コントローラーが内蔵されているが従来のコントローラーコネクタもあるのでジョイパッドでのプレイも可能。ただし、このコネクタを使用する一部周辺機器は使えない。

モニタ+TVチューナー標準搭載の豪華な仕様ではあるものの、そのお値段はなんと99800円。
現段階でもPCエンジンシリーズはおろか、日本の家庭用ゲーム機においてはおそらく最初で最後の10万円に迫る価格。おそらく当時でも余程のマニアでもない限り手出しするには躊躇する高価なシロモノだった為、その希少性を現在でも持っている。

TVチューナーは地上アナログ放送のものである為、現在のテレビ放送は受信できないが他のレトロゲーム機本体をRF接続することは出来る。

現在は通常のPCエンジンをLT同等品に改造する同人ハードメルクリウス』の存在によって更に実用性が危ぶまれている。

関連項目

PCエンジン
ゲームボーイアドバンスSP…後年のそっくりさん。こちらは純然たる携帯ゲーム機。

外部リンク

PCエンジンLT - Wikipedia

関連記事

親記事

PCエンジン ぴーしーえんじん

兄弟記事

コメント