ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1989年11月22日日本電気ホームエレクトロニクスNEC傘下)より発売された。価格は18800円。
PCエンジンの兄弟機の一つであり、拡張バスを省略することで低価格化を実現した廉価版
コア構想を切り捨てることでシステムを単純化し、イメージキャラクターにもドラえもんを起用するなど徹底して低年齢層への訴求を図った。宇宙船を意識した外観も低年齢層へアピールするためのものだったが、専らユーザーからは「カブトガニ」と呼ばれていた。

1989年の年末商戦に向けてPCエンジンは新たな販売戦略を打ち出した。
拡張機能を切り捨て低価格とシンプルさで低年齢層を狙ったローエンド機「PCエンジンシャトル」
初代PCエンジンとほぼ同等の性能で一般層を狙ったミドルレンジ機「PCエンジンコアグラフィックス
高性能なグラフィック能力でコアゲーマー層を狙ったハイエンド機「PCエンジンスーパーグラフィックス
それぞれ異なるユーザー層をターゲットにした3機種を同時展開し、幅広い層を取り込もうとしていた。
結果的にはシャトルとスーパーグラフィックスの失敗により、この戦略は破綻した。

迷走

本機のセールスポイントは安価であることだったが、当時は既に初代PCエンジンもほぼ同額に値下げされており、価格面での優位は存在しなかった。
拡張バスを排除したということはCD-ROM²は勿論、『天の声2』等のバックアップユニットも装着できず、セーブ機能を使えないということになる。これを解決するためのシャトル専用バックアップユニットも同日発売されていたが、天の声2に比べて高価であり、益々安価であるというメリットを殺してしまっていた。
なお、シャトル専用バックアップユニットさえ用意出来れば『天の声BANK』によるセーブデータ移動に支障はない。

関連タグ

PCエンジン PCエンジンコアグラフィックス PCエンジンスーパーグラフィックス
NEC 日本電気ホームエレクトロニクス ゲーム機 据え置きゲーム機

外部リンク

PCエンジンシャトル - Wikipedia

関連記事

親記事

PCエンジン ぴーしーえんじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「PCエンジンシャトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 932

コメント