ピクシブ百科事典

エレベーターアクション

えれべーたーあくしょん

1983年にアーケードでリリースされたタイトーの縦スクロール型アクションゲーム。
目次[非表示]

概要

60年代のスパイブームを反映したサイドビュー視点の縦スクロール型アクションゲームで、その内容を一言で言えば「スパイごっこ」である。
プレイヤーはスパイとなって敵地ビルに侵入し、待ち受けるガードマンの追跡を得意のジャンプキックピストルによる射撃、そして任意に上下降可能なエレベーターエスカレーターを駆使して振り切り、機密書類の奪取及びビルからの脱出を目指す。
縦スクロールする画面内で、赤いドアの部屋に入って機密文書全てを奪い、地下1Fの駐車場に停められたに到達すればクリアとなる。追いかけてきた敵は銃撃とキックの他、エレベーターの底で押し潰す、あるいは下降中のエレベーターの上に突き落とす事によっても倒せる。(プレイヤーも同様の条件でミスになる)
全4ステージのループゲーム。

83年というテレビゲーム黎明の頃の作品の為にステージ数はあまり多くなく、外観や雰囲気的にも地味ではあるが、その地味さもまたスパイものの風情を醸しており、スパイ物でありながらコミカルイメージで人気となった。

ファミコンの他、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、パソコンなど数多くの機種に移植(アレンジ含む)されており、タイトーの80年代黎明期の作品の中でも知名度は高い作品である。

派生作品

エレベーターアクション リターンズ(1995年)
スパイものから特殊部隊とテロリストとの戦いを主軸にしたアーミーアクションものに大きく変化した。エレベーターを活かしたギミックはオリジナル版を踏襲しつつ、派手なギミックやトラップ類が導入されており、雰囲気やゲーム性もかなり異なる。また、ストーリー性もそれなりに付加されている。

エレベーターアクション デラックス (2011)
プレイステーション3ダウンロード専売ソフトとしてリリースされた、初代AC版のリメイク作。オリジナルのキャラクター・世界観及びゲーム性を踏襲しつつ、ハードにあわせたギミックの追加やプレイ環境の強化が施されており、最大4人までのオンライン対戦が可能。オリジナル版も遊べる。
また、往年のタイトーレトロアーケードゲームの主人公たちがプレイヤーキャラとして無料追加配信されている。

エレベーターアクション デスパレード(2009)
主観視点のガンシューティングゲームにジャンルを換えて発売されたアーケード向け作品。
世界観とストーリーはエレベーターアクション リターンズの流れを汲んでおり、特殊細胞P01細胞を巡る特殊部隊の戦いを描いている。


関連タグ

タイトー アーケードゲーム アクションゲーム エレベーター スパイ 007

pixivに投稿された作品 pixivで「エレベーターアクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12225

コメント