2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マリオの弟・ルイージサラサ・ランドのプリンセス・デイジー姫のカップリング。

始まりはファミリーコンピュータの『マリオオープンゴルフ』にて、ルイージのキャディーがいなかったことでデイジー姫が採用されたことがきっかけ。

その後しばらくはデイジー姫が中々登場しなくなってしまったためこのカップリングもなかったことになりそうになるが、『マリオテニス64』でのデイジーの再起用を機に、次第にルイデジが確立されるようになっていった。
マリオゴルフファミリーツアー』でのオープニングムービーではデイジーがルイージを名前で呼んだり(因みにデイジーがマリオキャラを名指しで呼んだのはこの時のみで、つまりルイージの事しか呼んだことがない)『マリオテニスGC』ではデイジーの表彰式でトロフィーを代わりに持ってくれたルイージに対し「Hey,sweetie!」と呼びかけたりしている。「sweetie」とは「可愛い人、愛しい人」という意味を持ち、英語圏では恋人への呼びかけに使われる。

マリオパーティシリーズなどでは相性が良い感じになっており、『マリオパーティアイランドツアー』のオープニングムービーでは一瞬だけ2人仲良く散歩している姿が映る
マリオカートWii』に登場するデイジーサーキットではふたりが手をつないでいる像がある(しかもベビィ時代の二人も一緒に銅像になっている)

コラボ作品の『いただきストリートDS』においても、デイジーが他のキャラクターに高額の買物料を払う場合、多くは悔しさを素直に口にするのに対し、ルイージに対してだけはまるでを尻に敷くの如き高圧的な言葉を放っている。
外部作品である大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでもデイジーのフィギュアにルイージとの関係を示唆する様なコメントがある。

メディアミックスでもその恋愛ぶりが描かれることが多い。
実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』ではデイジーがピーチ姫の代わりにヒロインとして登場し、ここではルイージと恋仲になっていた。
漫画『スーパーマリオ』(本山一城版)でもルイージとデイジーはイイ仲だったりする(ただしデイジーは当初マリオに惚れており、ルイージもピーチに惚れていた)。


ちなみに、デイジー姫がさらわれる作品は今のところ彼女が初登場した『スーパーマリオランド』しか存在せず、しかもこの作品にはルイージが全く出てこない(彼女を助けたのはマリオ)。
ふたたびデイジーがさらわれるとすれば、ルイージマンションシリーズなどで主役をルイージに、悪役をタタンガキングテレサ、舞台をサラサ・ランドにして、もっと濃密にしてもらいたいところ。

【ルイデジ】プロポーズチャレンジ


…因みにルイージの声優チャールズ氏公認である。

関連イラスト

マリパDSでラブコメルイデジ


ク「そんな展開されたら、ワガハイは悪役なんてやってられん」

あわわわ


M「クッパよ、ボクと一緒に戦いをする準備はいいかい…?」

派生:エルデジ

たまに、『スーパーペーパーマリオ』に登場するルイージの闇墜ち姿であるミスターLとのカップリングも散見される。

可愛いじゃねぇか…なぁ、お姫様?
無題



夢の舞台にて共演。

【ルイデジ】デイジースマブラ参戦おめでとう!
やったね デイジー


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』でようやくデイジーがファイターとして登場したことで共演を成し遂げた。勝ちあがり乱闘ではクッパJr.ルートに共に参戦しており、スピリッツではルイージ(マリオテニスエース)で共に参戦している。

関連タグ

ルイージ デイジー姫
マリオシリーズのカップリングタグ一覧 エルデジ ルイロゼ パクデジ

関連記事

親記事

マリオシリーズのカップリングタグ一覧 まりおしりーずのかっぷりんぐたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2615780

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました