ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
メイドインワリオのキャラクターであるワリオとモナのカップリングタグの事。

概要

メイドインワリオシリーズの登場人物、ワリオモナのカップリングのこと。

この二人は初代からの付き合いだからか原作内でのやり取りは非常に多く、モナはゴージャスでのジョー店長との会話(下記参照。)でワリオも好きなものの一つだと言っており(元々彼女は物凄く変わったセンス故におかしくはないと思われる。)、ワリオ自身がに出る時もこっそりワリオを追って来てしまうことも。


モナ「えっと、あまいもの でしょ、カワイイもの でしょ。」

ジョー「女の子らしい ですねえ。」

モナ「それから・・・ワリオおじさま!」

ジョー「ワ、ワリオーッ!?」

モナ「だってだって ステキじゃない?あのおハナと、お・ヒ・ゲ!」

ジョー「なんですと!?」

※メイドインワリオゴージャスより引用


上述の通り、モナのワリオに対するは周りにびっくりされるほどに強い。一方、ワリオ自身がモナをどのように想っているかというのは明かされていないが、寝ている最中に見る夢にモナが出てくることがある辺り(初代メイドインワリオより。英語版では寝言で『So cute...』とまで言っている)、少なくとも彼女に対して悪い感情は持っていないようだ。


また、2人を端的に表すと、ワリオは「趣味が一般的ながら自分勝手」、モナは「趣味がぶっ飛んでいるが常識的」と対照的な部分が目立ち、そういう意味でも結構お似合いなのかもしれない。



関連イラスト

関連タグ

メイドインワリオ ワリオ モナ NL おっさんと少女

概要

メイドインワリオシリーズの登場人物、ワリオモナのカップリングのこと。

この二人は初代からの付き合いだからか原作内でのやり取りは非常に多く、モナはゴージャスでのジョー店長との会話(下記参照。)でワリオも好きなものの一つだと言っており(元々彼女は物凄く変わったセンス故におかしくはないと思われる。)、ワリオ自身がに出る時もこっそりワリオを追って来てしまうことも。


モナ「えっと、あまいもの でしょ、カワイイもの でしょ。」

ジョー「女の子らしい ですねえ。」

モナ「それから・・・ワリオおじさま!」

ジョー「ワ、ワリオーッ!?」

モナ「だってだって ステキじゃない?あのおハナと、お・ヒ・ゲ!」

ジョー「なんですと!?」

※メイドインワリオゴージャスより引用


上述の通り、モナのワリオに対するは周りにびっくりされるほどに強い。一方、ワリオ自身がモナをどのように想っているかというのは明かされていないが、寝ている最中に見る夢にモナが出てくることがある辺り(初代メイドインワリオより。英語版では寝言で『So cute...』とまで言っている)、少なくとも彼女に対して悪い感情は持っていないようだ。


また、2人を端的に表すと、ワリオは「趣味が一般的ながら自分勝手」、モナは「趣味がぶっ飛んでいるが常識的」と対照的な部分が目立ち、そういう意味でも結構お似合いなのかもしれない。



コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 考察、妄想、萌え語り、パロ妄想等

    もしロゼッタの母親が死なずにロゼッタが宇宙に行かなかったら

    もしも「ロゼッタの母親が死なずにロゼッタが宇宙に行かなかったらロゼッタはどんな未来を歩んだのか」なifを私なりに妄想してみました! ロゼッタが母親が死ななかったらロゼッタはチコと出会わないから当然ロゼッタの未来は大きく変わってきますよね。その未来の一つの可能性、という事でこの妄想を書きなぐってみました。この妄想だとチコがどうなるのかは保証できませんが……。 この妄想語りのマリオキャラ達はロゼッタが産まれた世界線の人物なので皆様がよく知っている原作のマリオ、ピーチ姫、ルイージ、ワルイージ、ワリオ、モナ、デイジー姫ではなく、パラレルワールドの同じ魂を持った別の人間という設定です。(原作と同一人物なのはロゼッタのみで、そのロゼッタの母親が死ななかった場合のロゼッタの未来を妄想してみた、というものです) 1ページ目に注意書きが書いてあるので注意書きの項目に一つでも当てはまった方は読まない事をおすすめします。読んでからの苦情は受け付けられませんのであしからず。 そして余談ですが、この設定を使って漫画や小説を書いてもいいのよ〜(≧▽≦)

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー