ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ビリーヴ(ウマ娘)

うまむすめのびりーゔ

メディアミックスプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクター「ウマ娘」の一人。モチーフは2000年代前半に活躍し、サンデーサイレンス産駒初の短距離GⅠ制覇を達成した競走馬『ビリーヴ』号。
目次 [非表示]

「手助けは不要です。これは僕の仕事ですから」

プロフィール編集

キャッチコピー-
誕生日4月26日
身長156cm
体重堅実な仕上がり
スリーサイズB72・W54・H77
靴のサイズ-
学年-
所属寮-
得意なこと-
苦手なこと-
耳のこと-
尻尾のこと-
家族のこと-
ヒミツ-
自己紹介-
CV秋山実咲

確固たる信念を持つ、職人気質のウマ娘

黙々と努力を重ね、丁寧かつ完璧な仕事をこなす忍耐力、持続力の持ち主である。

スピードにはこだわりがあり、『持続してこそ速さ』という信念のもと、短距離路線を邁進する。

実は、かなりのおじいちゃん子なのだとか。

公式ポータルサイトより)


概要編集

ビリーヴは、クロスメディアコンテンツ『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘。実在の競走馬繁殖牝馬ビリーヴ」号をモチーフとする。

新ウマ娘ズ!

2024年6月24日のぱかライブにて、カルストンライトオデュランダルドリームジャーニーブエナビスタと共に登場が発表された。

ノーズヒルズ系の中でもトランセンドと同じ馬主名義の競走馬にあたる。


ボーイッシュな見た目、低い声が印象的な僕っ子かつおじいちゃん子。


容姿・デザイン編集

ボーイッシュな印象を受けるショートヘアで、右目を隠すような前髪に沿うように模様(額に星、途切れた鼻先に伸びる鼻梁白)が存在している。凛々しい表情や一人称「僕」から男の子のような印象を受けるものの、左耳のみに飾り(カバー)があるというウマ娘の法則からも判る通り実馬は牝馬である。

耳飾りはノースヒルズ系であることを窺わせる赤と水色、また頭絡をイメージしたと思しい白の二本線が入った髪飾りを着用している。


競走馬『ビリーヴ編集

信じ抜くこと編集

少しづつ進みながら君は

速さを磨いてきた

強さを育んできた


行く手が塞がれたときは

その歩みを思い出せ

スペシャリストとしての

誇りを奮い立たせろ


自分の過去と現在を

信じ切れたなら

未来は開かれるはずだ


1998年生まれの鹿毛牝馬。(01世代

サンデーサイレンス、母グレートクリスティーヌという血統。

父は言わずもがなの日本を代表する大種牡馬。母のグレートクリスティーヌは名種牡馬ダンジグの産駒にして半姉に通算25勝を挙げて1986年度のエクリプス賞年度代表馬に選出されたレディーズシークレットが居るという良血である。


主戦騎手福永祐一安藤勝己。他にも武豊岩田康誠松永幹夫などが騎乗していた。

特に安藤騎手が中央に移籍してから初のGⅠタイトルをプレゼントした馬として知られている。


デビューしてしばらくは適正距離が掴めていなかったが、走っていくにつれてスプリンターとしての適性が判明し、2002年には条件戦を2連勝して挑んだ新潟競馬場開催のスプリンターズステークス武豊鞍上で優勝しGⅠを初制覇。

翌年の高松宮記念では安藤勝己に乗り替わり、ここも見事に優勝。2大スプリントGⅠの覇者となった。


引退後はアメリカにて繁殖牝馬として生活し、その後も同地にて繫養されていると思われる。

キングマンボメダグリアドーロ、スマートストライク等のアメリカを代表する種牡馬が数多く付けられ、その仔の多くは日本に輸入されて走っていたが、なかなか重賞勝ちには届かずにいた。

だが、7番仔として生まれたキトゥンズジョイ産駒・ジャンダルム2017年デイリー杯2歳ステークスを勝利し、ビリーヴの仔として初めて重賞を制覇。その後は長らく低迷していたが、2022年スプリンターズステークスを優勝し、母子制覇を達成。GⅠ馬の母としての称号をビリーヴにプレゼントした。


より詳しくは当該記事を参照。


僕っ子の理由『2002年の"悲劇"』編集

元ネタが牝馬でありながら男の子のような印象を受けるウマ娘のビリーヴ。

このキャラ付けには「2002年度のJRA賞を逃した」とある事件に原因があると考えられている。

この年のビリーヴは「最優秀短距離馬」と「最優秀4歳以上牝馬」の二部門で受賞する可能性が存在した。ところが、翌年に発表されたJRA賞ではどちらも非選出という結果に終わった。この内、短距離部門ではマイルで実績を上げていたアドマイヤコジーンが選出された結果であるため当時としては妥当であった。

ところが、最優秀古馬牝馬という点ではなんとスプリンターズS覇者のG1馬ビリーヴを差し置いてG1未勝利のダイヤモンドビコーが選出されており、このことが物議を醸した。ビリーヴが票を集めなかった理由としてまことしやかに囁かれたのがビリーヴを牝馬だと気付かなかった投票者の存在である。要は女の子だと思われなかったということ。

翌年、スプリンターズSと同じく牡馬混合戦の高松宮記念を制覇した彼女は牡馬にも劣らぬ実力を有していることを示し、ようやく最優秀4歳以上牝馬に選出されることとなった。


関連タグ編集

ウマ娘プリティーダービー ウマ娘

ビリーヴ


同期


松元茂樹厩舎繋がり

  • ミホノブルボン(ウマ娘):故障で長期離脱中に戸山為夫調教師が急逝したため、鶴留明雄厩舎を経て松元茂樹厩舎へ移籍したが、一度も復帰する事なくそのまま引退した。

スプリンターズステークス優勝ウマ娘


高松宮記念優勝ウマ娘(1200mとなった1996年以降。但し1997年までは「高松宮杯」)


一人称が「僕」のウマ娘

※ビリーヴ以外は全員牡馬モチーフである。


馬主(ノースヒルズ(個人名義含む))

主戦騎手繋がり

福永祐一

安藤勝己


ダンジグの血統

関連記事

親記事

01世代(ウマ娘) うまむすめのぜろいちせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました