ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スーパーマリオ64から登場するキャラクター。
名前の通りウツボのような姿をしているが、頭部だけでもマリオを簡単に丸呑みできてしまいそうなほどの圧倒的な巨体を誇る。
ウツボなので基本的に水中ステージにしか登場しないが、ほとんどの攻撃手段が通用しないため、現れたら基本的に避けて進むしか方法が無い。

大きく裂けた口には何本もの白い牙が見えており、非常に凶暴そうな印象を抱かせる。
しかし、意外にもマリオを発見したからと言って積極的に追い回すようなことはほとんど無く、自分の気に入った場所でじっとしているか、定期的にその場所から飛び出してくるか、あるいはゆっくりと水中を泳いでいるか、といった行動パターンが多い。
とは言え、目の前を横切ったマリオに反応して横穴から飛び出してくるなど、捕食者らしい行動を見せる場合もあるので油断はできない。

初登場であったスーパーマリオ64ではみんなのトラウマとして有名。ウツボは全身が攻撃判定であり、うっかり接触してしまうと大ダメージを受けてしまい、そのままパワーメーターが尽きて溺死(本作では水中に長時間留まると、酸素などではなくライフが直接的に減っていく仕様)という事故に見舞われたプレイヤーも少なくない。

また、当時は今と比べてポリゴンが粗く、そのせいでウツボの顔はかなり怖かった。そんなこんなで多くのプレイヤーから恐れられる存在であった。ちなみにメタルマリオでも倒せず、むしろ激突してきたメタルマリオを跳ね返す無双っぷり(ダメージはない)。

もはや敵キャラと言うよりダメージ判定を持つフィールドギミックに近い存在と言えたかもしれない。
それでも、ただの障害物的な扱いであれば、原則的に近づかなければ問題ないのだが、パワースターの1つに「ウツボの尻尾にあるパワースターを取る」というものがあり、穴から顔を出しているウツボをおびき寄せて外に出す手順を強いられるのが最大の問題。
とはいえ、抜け道はあるもので、ウツボに正面から近づかず、ウツボの頭の真上(安全地帯)で待ち構える方法がある。パワースターも、穴から出て行く瞬間を狙えば危険はほとんどない。

以降の作品では


以降の作品においても、ウツボが登場する作品では大概どうしてもウツボに最接近しなければならない状況が用意されている。如何にウツボを避けて目的を達成するか、プレイヤーのアクションの腕が試される。

64版の時と比べたら少しマシになったDS版のウツボ


スーパーマリオ64DSからデザインが変更され、目が黒目になり、ヒレがつくようになった。見た目は多少マシになったものの脅威自体は健在なので注意。

Newスーパーマリオブラザーズでも登場。64DSのデザインを引き継いだうえに今回はスターや巨大キノコで倒せるので安心…とは言いたいが、今回はブロックを破壊しつつ泳いでくる巨大ウツボが登場。絶対に倒せないので追い付かれないように逃げるのだ。
なお触れても通常ダメージで済む。またしばらく停滞する。ちなみにマリオが停滞すると大ウツボはマリオのいる方に体を寄せる。
そのまま停滞し続けると去っていくが、後戻りはできない。そしてしばらく経つとまた後ろから追いかけてくる。

スーパーマリオオデッセイでも再登場し、再び怖い見た目になったばかりか、遂にウツボの脅威は水中だけにとどまらなくなってしまった。
あろう事か雲海の下から突然ウツボが現れるという恐ろしい場所が存在するのである。
ウツボの飛び出してくる場所に飛び込んでもそのまま落下死してしまうため、雲海の下は紛れもなく奈落の底が広がっているだけの筈なのに、ウツボはそんな場所から平然と飛び出してくるのである。まさか浮遊ないし飛行能力を獲得したというのだろうか……?

Wii7ノコノコみさきの水中のドカンの中、7仕様のデイジークルーザーの水中、8ドルフィンみさきなど、いくつかのマリオカートシリーズにも出演している。ドルフィンみさきの個体は背中に乗ってジャンプアクションをすることができる。

スーパーマリオくんでは同漫画の内容上倒されているが、飲み込んだマリオにメタルマリオに変身されてしまい体内から破壊されるというものであり、正面からの攻撃では倒されていない。

関連タグ

スーパーマリオ64 みんなのトラウマ
キラーピアノ - 同期。こちらも無敵であり、本作のトラウマ枠仲間でもある。同じくスーパーマリオくんでは倒されている。

関連記事

親記事

スーパーマリオ64 すーぱーまりおろくじゅうよん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウツボ(マリオシリーズ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウツボ(マリオシリーズ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4748

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました