ピクシブ百科事典

パンチアウト

ぱんちあうと

『パンチアウト!!』とは、任天堂発売のボクシングゲームシリーズ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 任天堂発売のゲームシリーズ。本項で解説。
  2. ボウリング用語で第10フレームに3回連続でストライクを決めること。
  3. JITTERIN'JINNのアルバム名。⇒wikipedia
  4. 漫画の作品名にもパンチアウトがある。<もとはしまさひで氏作とあべかよこ氏作>⇒絶版マンガ図書館によるあべ氏のパンチアウトの紹介

パンチアウト!!

任天堂から発売されているボクシングを題材にしたゲームシリーズ。
主人公のボクサー・リトルマックを操作し、対戦相手の動作を読みながら攻撃を交わしつつ、隙を突いてパンチを打ち込みノックアウトさせる。

第一作はアーケードゲームとして登場。任天堂史上初の2画面筐体が特徴で、この技術はのちのゲーム&ウォッチデュアルスクリーンやニンテンドーDS/3DSに継承されていく。

ファミコン版には『ディスクトーナメント・ゴルフUSコース』入賞者に送られた景品版と一般販売版があり、タイトルは景品版は『パンチアウト!!』、一般販売版は最終対戦相手に実在のプロボクサーであるマイク・タイソンを据えたことから『マイクタイソン・パンチアウト!!』となっている。
後に景品版はWiiバーチャルコンソールで配信された。
一般販売版でないのはマイク・タイソンの肖像権の問題と思われる。

2009年にはファミコン版の操作性を受け継いだWii版がリリースされた。
日本での知名度は海外ほど高くはなかったが、2014年リトルマックスマブラ3DS/WiiUへのプレイアブル参戦が決まったことで一気に急上昇。
pixivにおいても作品投稿数が爆発的に増加している。

シリーズ一覧

登場キャラクター

リトル・マック(Little Mac)
本シリーズの主人公(『スーパーパンチアウト!!』を除く)。
アメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクス出身、17歳。
無口で喧嘩っ早い性格の白人の青年。他のボクサー(対戦相手)に比べて小柄にみえるが、あくまで相手が大きいだけで特別低身長という訳ではないらしい。
なお、一作目では点のような目をした半笑いのあんまりな顔立ちだったが、上記のWii版やスマブラXでだいぶ顔立ちが整えられた。
また、Wii版の対戦モードではゴリマッチョ体型の「ギガマック」に変身するなどの設定も追加されている。

ドック・ルイス(Doc Louis)
マックのトレーナー兼セコンド。
恰幅の良い体格の中年の黒人男性。以前は有名なヘビー級ボクサーだったが、引退後は酒浸りの毎日を送っていた。
マックとの偶然の出会いにより、彼をボクシングチャンピオンにするために立ち上がる。ゲームではラウンド間に操作や相手の情報を教えてくれるが、よくジョークを挟む。
Wii版ではさらに陽気な性格も強調された他、好物がチョコバーなど新たな設定も追加された。

対戦相手

タイトルによって登場キャラは異なるが、いずれもプレイヤーよりも大柄なキャラクターが多い。
グラス・ジョー(Glass Joe)
フランスパリ出身。38歳、110ポンド、1勝99敗1KO。
アーケード時代より登場している古参キャラの一人で、マックの最初の対戦相手にして最弱のボクサー。名前も、アゴが弱くノックダウンしやすい選手を『Glass Joe(ガラスのアゴ)』と呼ぶことが由来とおもわれる。

フォン・カイザー(Von Kaiser)
西ドイツ(現:ドイツ)・ベルリン出身。42歳、144ポンド、23勝13敗10KO。
立派な口髭を蓄えた軍人気質のボクサー。『ドイツの鋼鉄マシーン』の異名を持ち、どこか機械じみた動きを見せることも。

ピストン本田(Piston Honda)
日本東京都出身。28歳、174ポンド、26勝1敗18KO。
太い眉毛が特徴の日本人選手。モデルは実在の元プロボクサーの浜田剛史とされる。
なお、Wii版では『ピストン・ホンドー』に名前が変更され(おそらく原因はこの人)、「一番」と書かれた鉢巻や試合中に礼をしたり諺を読んだりと、サムライのような人物像になっている。

ドン・フラメンコ(Don Flamenco)
スペインマドリード出身。23歳、152ポンド、22勝3敗9KO。
薔薇をくわえてダンスを踊るなど華やかな立ち振舞が特徴。
戦闘中にとある秘密が明らかになる。

キング・ヒッポ(King Hippo)
太平洋ヒッポーアイランド出身。年齢・体重不詳。18勝9敗18KO。
王冠をかぶった巨漢だが、それが災いし一度ダウンすると自力で立ち上がれないらしい。
パンツの紐が緩いのかずり落ちやすい。

グレート・タイガー(Great Tiger)
インド・ボンベイ出身。29歳、132ポンド、24勝5敗3KO。
頭にターバンを被っており、自身を魔術師と称する。
その自称に違わず対戦中に分身して相手を翻弄させるなど奇怪な戦法を得意とする。
名前の由来はおそらくプロレスラーのタイガー・ジェット・シン

ボールド・ブル(Bald Bull)
トルコイスタンブール出身。36歳、298ポンド、34勝4敗29KO。
禿げ上がった頭と厳つい髭面が特徴。その名の通りのように突進する攻撃を持つ。
ファミコン版ではカセットのパッケージを飾っている

ソーダ・ポピンスキー(Soda Popinski)
ソビエト連邦(現:ロシア)・モスクワ出身。35歳、237ポンド、33勝2敗24KO。
登場キャラクターの中では珍しいサウスポー(左利き)のボクサー。
かなりの酒豪で、全身が常に赤く火照っている。
試合中に飲んでいるのはソーダ(炭酸飲料)。Wii版では酒豪の設定は伏せられ、純粋にソーダ好きというキャラクターが強調された。

Mr. サンドマン(Mr.Sandman)
アメリカ合衆国・ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。31歳、284ポンド、27勝2敗21KO。
大柄で厳つい風貌の黒人ボクサー。本シリーズではラスボスとして登場する機会が多く、タイトルによっては世界チャンピオン保持者であることも。
Wii版では、これまでのマックと対戦した選手たちを一撃で圧倒してる描写や、防衛戦ではマックのポスターの貼られたビル一戸を拳だけで崩壊させたりと、人間離れした凶暴性が強調されている。

スーパー・マッチョマン(Super Machoman)
アメリカ合衆国・カリフォルニアハリウッド出身。27歳、242ポンド、35勝0敗29KO。
肉体美に強い自信を持っており、胸筋を動かしてポーズをとったりとコミカルなモーションをみせる。試合では身体を回転させながら連続で3回パンチを繰り出す。
日本の一部プレイヤーの間では、殴った際の顔が志村けんに似ていると言われている。
Wii版では自信家で高慢な人物が強調されており、自分で自分の写真を撮るほどのナルシストでもある。

その他

マイク・タイソン(Mike Tyson)
アメリカ合衆国・ニューヨーク州キャッツキル出身。21歳、220ポンド、31勝0敗27KO。
実在のボクサー。同氏とコラボした『マイクタイソン・パンチアウト!!』にのみラスボスとして登場する。
後の移植版などでは権利の問題で登場しておらず、代わりにMr.ドリーム(Mr. Dream)なるキャラクターが登場している。

ドンキーコング(Donkey Kong)
『ドンキーコング』シリーズからのゲストキャラクター。Wii版にのみ隠しボスとして登場する。

余談

同じくボクシングを題材にしたゲーム『はじめの一歩2(PS2)』の「ボクサーズロード」において、エディットモードで作成されたパンチアウトの一部キャラクターが選手として登場している。

また、リトルマック個人で言えば『キャプテン★レインボー』『スマッシュブラザーズ』シリーズなど複数の作品に外部出演を果たしている(詳細は該当記事を参照)。

外部リンク

Wii バーチャルコンソール版 紹介
WiiU バーチャルコンソール版 紹介
3DS バーチャルコンソール版 紹介
2009年発売Wii版 公式サイト<音が流れるため音量注意>
社長が訊く<2009年版>
wikipedia

関連タグ

ゲーム
任天堂 ファミコン アーケード
ボクシング

パンチアウト!!表記揺れ

pixivに投稿された作品 pixivで「パンチアウト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 324096

コメント