ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドソキーユング

どそきーゆんぐ

『スーパーマリオRPG』の敵キャラクター。右側でロープに括られているゴリラとはいっさい関係ありません。
目次 [非表示]

フィクションです。じっさいの人物には、いっさい関係ありません。



概要

初登場は『スーパーマリオRPG』。

鉄球を繋がれたゴリラ。間違ってもドンキーコングではない。「」「」がギャル文字表記のドキーングである。

外見はドンキーコング(2代目)にそっくりなのだが、「なにかんがえてるの」では漫画ドラマ等でよく使用されるフィクションである事を強調する常套句が出てくる。

ドンキーコング側のシリーズにも出演しておらず、コングファミリーとの関係は不明。



戦闘力など

序盤に攻略する事になるダンジョン「ハナチャンの森」でたまにエンカウントする。大抵はハナチャンなどのザコ敵と集団で出現し、単体で出現することはない(エンカウントシンボルにも出ない)。

序盤で戦うザコ敵としては攻撃力もHPもトップクラスで、初めて出くわした時には苦戦を強いられる事が多い。

使ってくる特殊攻撃も「いわ」だけだが、ガードに成功してもダメージ量は侮れない。

しかし、あくまで序盤での話なので、ゲームを進めてマリオ達が成長すれば通常攻撃だけで倒せるほど弱くなる。

ちなみに、クッパ城のアクションステージでは初代ドンキーコングよろしくタルをフロアの頂上から投げてくるが、全て避け切って触れればどこかへ逃げていく。



亜種

バーレルコング

ストーリー後半のダンジョンの「バーレル火山」で登場する強化版。

行動パターンはそのものは同じだが、攻撃とHPがさらに高くなっている。

余談だが、火山に棲み着いているにもかかわらず暑さに参っているらしく、なにかんがえているのにて思考を読むと引っ越したいと考えているらしい。

リメイク版の図鑑説明によると里から抜け出したドソキーユング達がバーレル火山に棲み着き、長い時をかけていつしかバーレルコングと呼ばれるようになったという逸話があるらしい。



余談

2023年6月21日に配信されたニンテンドーダイレクトで流れた「スーパーマリオRPGのリメイク版」の情報にもしっかり登場。X(元Twitter)ではオリジナル版の発売から27年経過しても「ドソキーユング」の名がトレンド入りするほどであった。因みにモンスターリストでは「名前の由来は知りません」とアナウンスしているが、ユーザーに突っ込まれてしまったのは言うまでもない。



関連タグ

スーパーマリオRPG

類似 模倣 似て非なる パチモン 類似品 偽物

フィクション ゲーム キャラクター

見間違い 読み間違い 言葉遊び ダソヌ☆マソ


外部

ドンキーコングシリーズ』の登場キャラクター。酷似しているが関係性は一切ありません。

星のカービィ3』の登場キャラクター。外観が主人公に似ている。また、『ゼルダの伝説夢を見る島』ではカービィが敵キャラとして登場している。

日本語表記の説明文において、形のよく似た文字を間違えたことで「ドソキーユング」のような感じの誤表記が多く、ドラゴソ語揶揄される。

関連記事

親記事

スーパーマリオRPG すーぱーまりおあーるぴーじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21252

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました