ピクシブ百科事典

インガ・ブリンク

いんがぶりんく

インガ・ブリンクとは、仮面ライダーフォーゼの劇場版第3作「みんなで宇宙キターッ!」の登場人物である。
目次[非表示]

※劇場版のネタバレを含む為、記事の閲覧には注意




概要

アリシア連邦の工作員。漆黒の革スーツに身を包んだ謎の美女
射撃格闘術に長けており、財団X兵士たちを一蹴するほど強く、朔田流星とも互角に立ち回るほど。
父親のブリンク博士が製作した宇宙鉄人・ブラックナイトと共に行動する。
ゾディアーツスイッチ12個を強奪して複製したホロスコープス・ダミーを利用(そこ、なんでまだTVに出てすらいなかったピスケスまでいたのか、とか言わない)し、OSTOLegacyの依頼を受けて衛星兵器XVIIを破壊する為に宇宙へ行こうとする仮面ライダー部を妨害する。

以下、ネタバレ









彼女の父・ブリンク博士は、宇宙鉄人たちの生みの親でもあった。
しかしグランダインとスカイダインはブリンク博士を殺して人類を滅ぼそうと画策し、ブリンク博士は衛星兵器XVⅡを使うことで彼らの能力を制限、変身機能を奪うことに成功し息絶えた。
インガとブラックナイトはキョーダインから人類を守るために暗躍していたのである。

結局、インガの放った銃弾機械であることがばれたキョーダイン達は、仮面ライダー部によってXVⅡの妨害電波発生装置が破壊されると彼らを口封じのために抹殺し、XVⅡの兵器転用による人類殲滅に切り出すこととなるが…。



最終回の後日談である小説天・校・卒・業』でも流星の口から名前が語られており、『MOVIE大戦アルティメイタム』で再登場を果たす。流星とコンビを組んでインターポールの捜査官として働いている。
某国で何者かの手引きによって集められた超能力傭兵相手に奮闘し、援軍に来た流星/仮面ライダーメテオとの共闘で全員を捕縛。彼らの黒幕の悪事を暴き出す。

星心大輪拳

インガが使用する格闘術。朔田流星と同じ流派である。
元ネタは仮面ライダースーパー1に登場する格闘術・赤心少林拳

備考

名前は宇宙鉄人キョーダインの敵幹部・ガブリンクィーンのアナグラム。
演じる女優は実写版キューティーハニーでお馴染みの原幹恵である。
原女史は肌の露出の多いグラビアの仕事をやっているのもあって、撮影中は生傷が絶えず、同僚から「DV受けてるの!?」と心配されたこともあったとか…。

関連タグ

仮面ライダーフォーゼ みんなで宇宙キターッ! 朔田流星
女捜査官 巨乳

pixivに投稿された作品 pixivで「インガ・ブリンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10675

コメント