2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※本記事には風都探偵に関するネタバレが含まれています。
不快に思う方以外は記事をお読みください。

























概要

仮面ライダーWの続編『風都探偵』に登場するドーパント

漫画最初の依頼人である坪崎忠太(CV.新垣樽助)が「毒キノコ」の記憶を宿すトードストールメモリで変身するドーパント。
事件当初、坪崎忠太は一目ぼれした女性であるときめの捜索を依頼していたが、一目ぼれというのは真っ赤な嘘で、実際は手に入れたばかりのトードストールメモリが入った鞄をときめに盗まれてしまったため、彼女を探し出して取り返そうとしていたのだった。

だが、左翔太郎がガイアメモリ事件に精通した探偵であったため、自分の目的が発覚するのを恐れて悪徳起業家の立川蓮司にも依頼し証拠隠滅を企んでいた。

ロード・ドーパントの事件解決後、裏を知った翔太郎にその本性を暴かれ自首を勧められた。その説得を振り切って変身しようとするも、連絡を受けて待機していた照井竜に妨害されて変身に失敗、逮捕された(アニメ版では本性を暴かれ狂ったかのような笑顔で豹変した後変身しようとしたが翔太郎に自首を勧められ、暴れることなく待機していた刃野&真倉刑事によって逮捕されている)。

そのため、劇中には回想シーンにしか登場しない。その回想でも影がかかっていたため詳しい姿形は不明だが、巨大なキノコに手足が生えたような姿で、顔に大きなドクロがあるのが特徴。

能力についても不明な点が多いが、回想シーンで辺り一面に胞子が積もり、キノコのようなものが生えているのが確認できることから、毒の胞子を撒き散らして吸ったものを体内から腐食させる某毒キノコ怪人の様な能力だったのかもしれない。実際フィリップからは「魔女より恐ろしいメモリになりそう」と述べている。

余談

トードストールメモリ自体はモブメモリとして本編にも登場しており「コンプリートセレクション」にもラインナップされている。

関連タグ

風都探偵 ドーパント
トードスツールオルフェノク
小森希乃子:同じキノコの能力者繋がり。また変身者の中の人が主人公先輩として演じている。

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました