ピクシブ百科事典

ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!

じーっとしててもどーにもならねぇ

「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」とは、「ウルトラマンジード」の主人公、朝倉リクの決め台詞である。
目次[非表示]

「こういう時は、“ジード”だ。ジーっとしててもドーにもなんない!」

概要

ウルトラマンジード』の主人公朝倉リクの口癖であり決め台詞。
元は幼馴染の愛崎モアが、しばらく一緒に暮らすことになった際まだ人見知りだったリクが動けなくなった時に教えた言葉であり、「俺がやらなきゃ誰がやる!」「このまま黙って見ているなんてできない!」といった意味。実際、第10話ではモアもだだをこねるザンドリアスに対して「ジーッとしててもドーにもなんないんだから!」という言葉を投げかけている。

略して「ジード」と言うこともあり、彼が変身するウルトラマンジードの名称も、レムに名前の登録を求められたリクがこの言葉を元に名付けたものである。

これまでのウルトラシリーズの決め台詞と言えば、大抵必殺技の名称を叫んだり変身後に名乗り口上として述べるものが多かったが、こちらは変身前から使用するという珍しいケースである(他にはアスカ・シンの「本当の戦いはここからだぜ!!」などがある)。

OPテーマ『GEEDの証』にも「ジーッとしていたってドーにもならない!」という歌詞がある。
またスタッフやキャストのみならず、円谷プロダクションの広報もTwitterなどで使用することがあり、番外編として『ジーッとしないで、◯◯しようぜ!』というコーナーが設けられるなど、今では『ウルトラマンジード』という作品そのものを象徴する言葉となっている。

オマージュパロディなど

印象深い&覚えやすいフレーズであるためか、『ジード』以外の作品でもオマージュやパロディが見受けられる。

怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜

2期の第4話において、エレキングが無断でトレーニングから抜け出してシャドウの調査を行っていたことを知られてしまい、ピグモンから「もう、ジーッとしてられないんだから!」と咎められたのに対して「ドーにもならないしね」と返すシーンがあった。

エレキングを演じている潘めぐみは『ジード』ではペガッサ星人ペガを演じており、それに因んだ小ネタである(潘自身も『怪獣娘』のラジオ番組「怪獣娘~ウルトラ怪獣ラジオ化計画~」に出演した際にこの台詞を言わせてもらったことについて言及している)。

また、2018年に行われたウルフェスの特別イベント「光と闇の激突!?」では、アギラ役の飯田里穂がこの台詞を発してファンを沸かせたことがある。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

第5話より登場したギャングラー怪人ブンドルト・ペギーが行動を起こす直前に「ジーッとしてても…。」と呟くシーンがある。

こちらも演者の水野直が『ジード』で銀河マーケット店長の久米ハルヲを演じており、それに因んだアドリブである。
水野の所属事務所であるアルファセレクションの公式ツイッターによれば、東映側がきちんと円谷プロから許可をもらった上で使用しているとのこと。

Indeed CM 初めての夏バイト篇


海の家でバイトする若者(演:濱田龍臣)が先輩(演:泉里香)から「ジーッとしてないの!」(タイトルでは「じっとしてないのぉ!」)と注意されるパロディがあった。

その他

1コマでとてもよくわかるウルトラマンジード第1話(ネタじいさん)


ニコニコ動画の配信では、冒頭のウルトラマンキングの衝撃的な行動から、「ジジーがいればドーにでもなる」「ジジーがいればドーにかなる」とコメントされることもある。
実際の作中世界は「ジジーがいたからドーにかなった」、そして「ジジーがいない今ドーにかしなければならない」のが現状であったわけだが……。

そして2017年9月30日、キングの力を借りたジード最強タイプロイヤルメガマスター」が発表。
リクがギリギリまで頑張ったご褒美である。
さあ、ジジーの力で戦え!ウルトラマンジード!

関連項目

ウルトラマンジード ジード(ウルトラマン) 朝倉リク
口癖 決め台詞

デジモンユニバースアプリモンスターズ:同期番組。こちらはジジー発明ドーかしている

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74614

コメント