ピクシブ百科事典

ギャラクトロンMK2

ぎゃらくとろんまーくつー

ギャラクトロンMK2とは、劇場版『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』に登場するギャラクトロンの新型。
目次[非表示]

データ

  • 身長:61m
  • 体重:6万7千t
  • 別名:シビルジャッジメンター
  • 出身地:サイバー惑星クシア
  • 最大飛行速度:マッハ5
  • 最大走力:マッハ1
  • 最大ジャンプ力:1200m
  • 水中潜航速度:マッハ2.8
  • 地中進行速度:マッハ2.8
  • 腕力:20万t
  • 握力:13万8千t


概要

ギルバリスによって強化改造されたギャラクトロンの新型。
全身に青い鎧や金色の斧のようなパーツが追加され、ギャラクトロンシャフトやギャラクトロンブレードといった通常のギャラクトロンで装備されていた武装は無くなったが、代わりに人間の様な手足が装着され近接戦における戦闘効率を向上させている。

後頭部には鋭い切れ味を誇り、ガルネイトバスターを平然と防げるほど頑強な戦斧・ギャラクトロンベイルが装備されており、これを自在に取り外し手持ち武器として扱うことが出来るほか、ブーメランのような投擲攻撃も可能(ソフビ人形では装着状態で造形されている)。


手先はマシンガン「ギャラクトロンゲベール」、手の甲は、ビームキャノン「ギャラクトロンシュトラール」近接格闘用ブレード「ギャラクトロンクリンガー」になっている。他にも拘束光線「ギャラクトロンファング」、両肩と両膝にはバリア発生装置などの武装をもち、ギャラクトロンと同様にデジタル魔法陣から神出鬼没に出現する。
バリアは以前の魔方陣バリアからハニカム構造のような形状となり魔方陣は消えた様に見えるがよく見ると出現している六角形全てに魔方陣が描かれている。

デザインした野中剛氏によれば「格闘戦と対ウルトラマン用にカスタムされた機体」とのことである。


【落書き】ギャラクトロンMk2


ギャラクトロンのような機械の起動音に似たものではなく、「ラ~」というような低めのコーラスのようなはっきりとした鳴き声を発する。(以前の鳴き声を全く発しなくなった訳ではなくダメージを受けた際などには以前のと同様の声を出していた)

見た目こそ両手の武器が無くなって弱くなったような印象も受けるが、強化型だけあって戦闘力はとてつもなく高い。
多くの攻撃を耐えたため、凄まじい頑強さがウリのように見えるが実際によく見ると確かに受けても問題ない通常攻撃は装甲で受け流しているが、スペリオン光線、ゼットシウム光線、レッキングバースト、ガルネイトバスターといった破壊力の高い必殺技の大半はバリアなど何らかの手段で防御している。

他にも相手が格闘戦特化形態に変身した際は戦斧を使用し有利をとる、咄嗟に戦斧でガルネイトバスターをガードしそのままカウンターで反撃、焦って突撃してきたとはいえ最強形態のジードを的確にデータ化攻撃の一撃で本領発揮前に戦闘不能に追い込む等、単純に防御力が高いと言うよりは状況判断力や巧みな戦闘技能に裏打ちされた鉄壁の防御とでも言うべきであろう(もちろん、アタッカーギンガXとソーラーブーストの同時攻撃にも耐えるなど、防御力も問題なく高い)。

このように、ジード、オーブ、ゼロの三大ウルトラマンの多種多様なタイプによる攻撃をことごとく耐え、捌きながら互角以上の戦いを展開。そしてロイヤルメガマスターさえも(冷静さを失っていたとはいえ)攻撃させる隙を一切与えずに変身解除させ、タイマンでは万全の状態であるストロングコロナゼロすら圧倒していた。

「オーブ」「ジード」そして本作と、散々部位破壊されまくったオリジナルと比べて、こちらはゼロのエメリウムスラッシュによって肩のバリア発生装置を破壊されたくらいで、それ以外の破損は倒されるまで一切なかった。かつてサンダーブレスターによってオリジナルがボッコボコにされたことを考えると、きちんとした強化がなされていると言えるかもしれない。

また、最大火力に関してはギャラクトロンスパークが使えなくなったため下がりこそしたが「ギャラクトロンゲベール」、「ギャラクトロンシュトラール」の火力は限界間近とはいえゼロとオーブに大打撃を与えるなど十分に高く、何より殆ど通常の五指と変わらないため取り回し、汎用性に優れており旧型のギャラクトロンスパークよりもチャージの手間がかからない安定した運用が可能。

劇中に登場したのは1体のみで、それが3回も出現した。最初の出現時はジードを軽くあしらってすぐ撤退しており、2度目の出現時「赤き鋼」を沖縄で偶然発見した後に本格的な破壊活動を開始した事から、当初は偵察目的で送り込まれていたと思われる(超全集によればジャグラーを追っていた様子であり、ジードを軽くあしらっただけで撤退したのもそれが理由であったと思われる)。

最後の3戦目では最初にジード、オーブの二人を相手にしながら優位に戦いを進め、その後ゼロが援軍として参戦しこれでようやくウルトラマン側が優位になるものの、上述したように激戦の末オーブとゼロを退け(この時ゼロに退却のためシャイニングゼロの力まで使わせている)、最後は怒りに燃えるジードの零距離レッキングバーストでようやく倒されたがそれでも相打ちに持ち込んでいる。

中ボスポジションだが映画ほぼ全編にわたって登場する形となっており、上述する強さの描写も併せて「演出的には最終決戦時のギルバリスよりも強く感じた」という感想も(もっともギルバリスの場合は特攻武器とも言えるギガファイナライザーを相手取った点が大きいと言え、あちらもオーブトリニティを圧倒しゼロビヨンドの変身をも解除させるほど強さを見せつけている)。

そもそも最大飛行速度と最大走力以外のスペックは創造主たるギルバリスの戦闘形態である完全態を上回っており、設定上の強さを考えた場合でもギルバリス戦より強く感じたという感想は妥当なのかもしれない。ただし、こちらは「格闘戦と対ウルトラマン特化」の機体であり、ギルバリスは「重装甲と大火力」に重きを置いたタイプで両者とも方向性が全く違うため一概に比較はできない。

余談

スーツはギャラクトロンのパーツを一部換装したものであり、髪、手足が取り換えられているほか、目元に金色のマスクのようなものが追加されている。また、ツルギデマーガ同様、パーツを戻すことで元のギャラクトロンにすることも出来る。

MK2の名称は『機動戦士Zガンダム』のガンダムMk-IIに因んでいる。

関連タグ

ウルトラマンオーブ ウルトラマンジード ロボット怪獣

ギャラクトロン キングギャラクトロン バリスレイダー ギルバリス

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクトロンMK2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2868

コメント