ピクシブ百科事典

ギャラクトロンMK2

ぎゃらくとろんまーくつー

ギャラクトロンMK2とは、劇場版『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』に登場するギャラクトロンの新型。
目次[非表示]

データ

  • 身長:61m
  • 体重:6万7千t
  • 別名:シビルジャッジメンター
  • 出身地:サイバー惑星クシア
  • 最大飛行速度:マッハ5
  • 最大走力:マッハ1
  • 最大ジャンプ力:1200m
  • 水中潜航速度:マッハ2.8
  • 地中進行速度:マッハ2.8
  • 腕力:20万t
  • 握力:13万8千t


概要

ギルバリスによって強化改造されたギャラクトロンの新型。
全身に青い鎧や金色の斧のようなパーツが追加され、ギャラクトロンシャフトやギャラクトロンブレードといった通常のギャラクトロンで装備されていた武装は無くなったが、代わりに人間の様な手足が装着され近接戦における戦闘効率を向上させている。

後頭部には鋭い切れ味を誇り、ガルネイトバスターを平然と防げるほど頑強な戦斧・「ギャラクトロンベイル」が装備されており、これを自在に取り外し手持ち武器として扱うことが出来るほか、ブーメランのような投擲攻撃も可能(ソフビ人形では装着状態で造形されている)。

手先はマシンガン「ギャラクトロンゲベール」、手の甲は、ビームキャノン「ギャラクトロンシュトラール」近接格闘用ブレード「ギャラクトロンクリンガー」になっている。他にも拘束光線「ギャラクトロンファング」、両肩と両膝にはバリア発生装置などの武装をもち、ギャラクトロンと同様にデジタル魔法陣から神出鬼没に出現する。
バリアは以前の魔方陣バリアからハニカム構造のような形状となり魔方陣は消えた様に見えるがよく見ると出現している六角形全てに魔方陣が描かれている。

デザインした野中剛氏によれば「格闘戦と対ウルトラマン用にカスタムされた機体」とのことである。

【落書き】ギャラクトロンMk2


ギャラクトロンのような機械の起動音に似たものではなく、「ラ~」というような低めのコーラスのようなはっきりとした鳴き声を発する(以前の鳴き声を全く発しなくなった訳ではなくダメージを受けた際などには以前のと同様の声を出していた)。

能力

見た目こそ両手の武器が無くなって弱くなったような印象も受けるが、強化型だけあって戦闘力はとてつもなく高い。
ジード、オーブ、ゼロの三大ウルトラマンの多種多様なタイプによる攻撃をことごとく耐え、的確に捌きながら互角以上の戦いを展開。そしてロイヤルメガマスターさえも(冷静さを失っていたとはいえ)攻撃させる隙を一切与えずに変身解除させ、タイマンでは万全の状態であるストロングコロナゼロすら圧倒していた。

「オーブ」「ジード」そして本作と、散々部位破壊されまくったオリジナルと比べて、こちらはゼロのエメリウムスラッシュによって肩のバリア発生装置を破壊されたくらいで、それ以外の破損は倒されるまで一切なく、アタッカーギンガXとソーラーブーストの同時攻撃にも耐えている。
かつてサンダーブレスターによってオリジナルがボッコボコにされたことを考えると、きちんとした強化がなされていると言えるだろう。

しかも、単純に装甲が硬いだけではない。
よく見ると確かに受けても問題ない通常攻撃は装甲で受け流しているが、スペリオン光線、ゼットシウム光線、レッキングバースト、ガルネイトバスターといった破壊力の高い必殺技の大半はバリアなど何らかの手段で防御している。
他にも相手が格闘戦特化形態に変身した際はギャラクトロンベイルを使用し有利をとる、咄嗟にギャラクトロンベイルでガルネイトバスターをガードしそのままカウンターで反撃、焦って突撃してきたとはいえ最強形態のジードを的確にデータ化攻撃の一撃で本領発揮前に戦闘不能に追い込む等、その防御力は状況判断力や巧みな戦闘技能とも組み合わせた鉄壁の防御能力とでも言うべきであろう

また、最大火力に関してはギャラクトロンスパークが使えなくなったため下がりこそしたが「ギャラクトロンゲベール」、「ギャラクトロンシュトラール」の火力は限界間近とはいえゼロとオーブに大打撃を与えるなど十分に高く、何より殆ど通常の五指と変わらないため取り回し、汎用性に優れており旧型のギャラクトロンスパークよりもチャージの手間がかからない安定した運用が可能。

活躍

劇中に登場したのは1体のみで、それが3回も出現した。最初の出現時はジードを軽くあしらってすぐ撤退しており、2度目の出現時「赤き鋼」を沖縄で偶然発見した後に本格的な破壊活動を開始した事から、当初は偵察目的で送り込まれていたと思われる(超全集によればジャグラーを追っていた様子であり、ジードを軽くあしらっただけで撤退したのもそれが理由であったと思われる)。

最後の3戦目では最初にジード、オーブの二人を相手にしながら優位に戦いを進め、その後ゼロが援軍として参戦しこれでようやくウルトラマン側が優位になるものの、上述したように激戦の末オーブとゼロを退け(この時ゼロに退却のためシャイニングゼロの力まで使わせている)、最後は怒りに燃えるジードの零距離レッキングバーストでようやく倒されたがそれでも相打ちに持ち込んでいる。

中ボスポジションだが映画ほぼ全編にわたって登場する形となっており、上述する強さの描写も併せて「演出的には最終決戦時のギルバリスよりも強く感じた」という感想も(もっともギルバリスの場合は特攻武器とも言えるギガファイナライザーを相手取った点が大きいと言え、あちらもオーブトリニティを圧倒しゼロビヨンドの変身をも解除させるほど強さを見せつけている)。

そもそも最大飛行速度と最大走力以外のスペックは創造主たるギルバリスの戦闘形態である完全態を上回っており、設定上の強さを考えた場合でもギルバリス戦より強く感じたという感想は妥当なのかもしれない。ただし、こちらは「格闘戦と対ウルトラマン特化」の機体であり、ギルバリスは「重装甲と大火力」に重きを置いたタイプで両者とも方向性が全く違うため一概に比較はできない。

その後の活躍

ウルトラマンタイガ

宇宙の竜を模した機械の悪霊


別名が「シヴィルジャッジメンター」と微妙に変更されている
(超全集では従来通りのシルジャッジメンター表記)。

  • 第3話「星の復讐者」
ウルトラマントレギアに復讐心を付け込まれた宇宙飛行士・九条レントが銃型のデバイスで変身する(乗り込んでいると言った方が正しいか?)。
レントはコズモテクニカの今里社長が打ち上げた誕生日ロケットが宇宙ステーションに衝突したことによる事故で妻のナナを失っており、同様に命を落とした彼はトレギアによって仮の命と力を与えられ、復讐を果たそうとしていたのである。

魔法陣で今里社長を宇宙に転送して亡き者にしようとするもヒロユキとホマレに阻まれたため、地上を破壊すべく出現。更に使われなくなった複数の人工衛星をハッキングして地上に落そうとする。
駆けつけたタイガに対してもレントを傷つけることになるので手が出せないのをいいことに一方的に攻撃を仕掛けるが、ウルトラマンタイタスの導きによりナナの魂がレントと再会し、ギャラクトロンから切り離され憎しみを鎮めたレントの魂はナナと共に昇天する。

残されたギャラクトロンは憎しみの力によって尚も動き続けたものの、タイガからバトンタッチしたタイタスにギャラクトロンベイルを砕かれた上にタックルで吹っ飛ばされ、最後はレッキングバスターで破壊された(奇しくも初代と同じ技の力で倒される事となった)。その後怪獣リングとなり、タイガの手に渡った。

なお、今回は防戦になる事がほとんどなかった事や、使用者が途中で消えた影響か、バリアは使っていない。

ハッキングを受けた人工衛星は旭川ピリカの尽力によりアクセス不能な1機を除いて大気圏で燃え尽きるよう軌道修正され、残る1機もタイタスによって破壊された。

  • 第24話「私はピリカ」
霧崎が怪獣リングから召喚し、工場地帯を蹂躙した。
その後タイガと戦闘になり、前回と打って変わって互角の戦いとなるが、ストリウムブラスターをギャラクトロンベイルで分散しつつ接近して一撃を与える。ビーム攻撃で追撃をはかるも、プラズマゼロレットの力を発動したタイガがタイガエメリウムブラスターで攻撃し、動きが止まった隙を突かれ、ウーラーによって地下へと引きずり込まれ捕食されてしまう(戦ってる最中割り込んで食べられて倒される立ち位置的には『ウルトラマンタロウ』第17話のケムジラに近い)。
魔法陣で逃走をはかろうとするも、時既に遅く右腕を残して爆散、残った右腕もウーラーによって残らず噛み砕かれてしまった。
霧崎曰く「軽い朝食」であり、ウーラーへの餌に過ぎなかった模様。皮肉にも同類が否定していた食物連鎖をいびつな形だが味わうことになってしまった。

なお、ヒロユキは終始「ギャラクトロン」と呼んでいた。

第3話や第24話でも、『繋ぐぜ!願い!!』の時ほどウルトラマン達を苦しめてはいなかったが、万全な状態での真っ向勝負で劣勢になったことは一度も無く、第3話では操縦者が離脱して弱体化した所を破壊され、第24話では不意討ちという形で補食されている。また、ギャラクトロンベイルを破壊こそされたがタイタスの攻撃を受けても最後まで部位破壊が無かったり、タイガがプラズマゼロレットを用いて放ったエメリウムブラスターを受けて怯みはしたものの無傷だったりと耐久力も健在であった。

ウルトラマンZ

第16話「獅子の声」にて直接の登場はないが、セレブロが造り出した怪獣メダルとして登場。
おとなしくなったホロボロスに向けてギルバリスの怪獣メダルと共に投げ込まれ、メツボロスに強化・凶暴化させるために使用された。

余談

スーツはギャラクトロンのパーツを一部換装したものであり、髪、手足が取り換えられているほか、目元に金色のマスクのようなものが追加されている。また、ツルギデマーガ同様、パーツを戻すことで元のギャラクトロンに戻すことも出来る。

MK2の名称は『機動戦士Zガンダム』のガンダムMk-IIに因んでいる。

『タイガ』第3話でビルに突っ込むシーンは、ワイヤーではなく移動車に乗せたスーツを急ブレーキの反動で飛ばしている。また、第24話でウーラーに襲われるシーンは、サメ映画の定番演出を再現している。

第24話の経緯がある為なのか、作中の怪獣リングになった怪獣では唯一タイガ初出ではない事もありニュージェネクライマックスには登場しなかった。

『タイガ』第3話でギャラクトロンMK2を召喚した銃はその後、次回作『ウルトラマンZ』のカブラギ・シンヤが使用していた銃に流用された。

関連タグ

ウルトラマンオーブ ウルトラマンジード ウルトラマンタイガ
ロボット怪獣

ギャラクトロン  バリスレイダー ギルバリス
キングギャラクトロン メツボロス

関連記事

親記事

ギャラクトロン ぎゃらくとろん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクトロンMK2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36074

コメント