2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ウタ ガ キコエル……」

概要

別名:アイドルロボット
身長:97cm
体重:215kg
出身地:TPC基地
CV:高戸靖広


第32話「歌う探査ロボット」に登場。

新しく発見された土星衛星「ソルビーノ」の調査のために派遣されたロボット。正式名称は「TM-39」。
現地での作業の様子は「今日のラブモス情報」と題して生中継され、コスモネットで全世界に伝えられている。
その愛嬌ある姿から女性や子供に大人気を博しており、スーパーGUTSのマイ隊員やリョウ隊員も例外ではない。劇中にはぬいぐるみ、プラモデル、ラジコン玩具、キーホルダーなどのキャラクターグッズが登場した。

だが調査中に発見したソルビーノの遺跡に置いてあったラッパ状の謎の彫像の発する「歌」に操られ、機械文明を滅ぼそうと決意。手始めに頭部にあるパラボラアンテナから紫色の光線を発射して、乗ってきた調査船を破壊してしまう。
完全に機能が停止した状態でTPCの宇宙ステーション「カムイ」に回収され、TPC本部基地・グランドームに運び込まれ、マイの尽力で起動したものの、今度はグランドームのコンピューターを乗っ取り、グランドーム内にあった全ての兵器・メカを融合させ、モンスターマシン「サタンラブモス」となって破壊活動を開始した。

マイの愛によって本来の心を取り戻した後、ダイナとスーパーGUTSに謝罪し、自分を破壊するよう申し出るが、ダイナはラブモスを破壊せずに飛び去って行った。
その後、ラブモスはソルビーノの調査に再び派遣されたという。

ハネジローと並ぶ、『ダイナ』のマスコット的存在。


余談

声を演じた高戸氏は『ウルトラQ_darkfantasy』のウニトローダや『ウルトラマンマックス』のエンディングのコーナーマックスボックスのナレーションを担当している。

実は第31話劇中のテレビ番組にてラブモス情報という形で名前のみ先行登場している。
さらに同話の対ニセウルトラマンダイナ戦でダイナが投げ飛ばされた街の中によく見るとラブモスが紛れ込んでいる。どうやら当時のスタッフが遊び心で設置したようである。
これを受けて『ウルトラマンデッカー』第19話ではスフィアに制圧された月面基地にラブモスに酷似したロボットが放置されている。『ダイナ』第31話の遊び心を受け継いでのことである。
また、第21話でのスフィアジオモスにダイナが吹っ飛ばされた先にもこっそり混じっていた。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣
サタンラブモス

関連記事

親記事

ダイナ怪獣 だいなかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました