ピクシブ百科事典

サタンラブモス

みらくるたいぷぜったいぜつめい

特撮番組『ウルトラマンダイナ』に登場する巨大ロボット。
目次[非表示]

「機械文明ヨ、滅ビルガイイ!!自ラノ手デ、自ラヲ滅ボスノダ!!」

概要

別名:モンスターマシン
身長:73m
体重:8万3千t
出身地:TPC本部基地・グランドーム付近


第32話「歌う探査ロボット」に登場。

新しく発見された土星の衛星「ソルビーノ」を調査している最中、ソルビーノの遺跡に置いてあった謎の彫像の発する「」に操られてしまった探査ロボット・ラブモスが、TPC本部基地・グランドーム内にあった全ての兵器・メカを融合させて構築したロボット怪獣
頭にガッツイーグル・α号、右肩にγ号、左肩にβ号、胸にガッツディグ、腹にガッツマリンが備えつけられている他、アートデッセイ号を始めとする旧GUTSのメカも取り込まれている。
胴体中央のコクピットには、無数のケーブルで繋がれたラブモスが鎮座し、機械文明を滅ぼすべく指令を下す。
すなわち、サタンラブモスとは「ラブモスが戦うためのと言っても差し支えない存在だろう。

α号のジーク、β号のボルキャノン、γ号のガイナーなどの武装をほぼそのまま使用可能。そして、これらの一斉発射はソルジェント光線以上の威力を誇る
TPCの科学力がダイナを上回る事が証明された瞬間である。ゴンドウ参謀はテラノイドなんかよりサタンラブモス二号機を作るべきだっただろう。

ヒビキ隊長とナカジマが乗ったガッツウイング1号(唯一整備中でコンピュータ制御を外していたマニュアル操作機)の攻撃パターンを瞬時に見切って相殺し、ミラクルタイプの高速移動を計算して捕まえたりと、非常に高い演算能力も持っている。その上機動力も高く、ホバー移動で機敏に動きまわる。
ロボット怪獣恒例とも言える防御力も圧倒的で、元々がTPCのメカとは思えない程頑丈になっている。足掻いたダイナに蹴り飛ばされてもビクともしないとは一体何故・・・?それなら普段、怪獣の攻撃食らってもGUTSのメカは撃ち落とされないはずなのに・・・。

作中ではマジックハンドになっている両腕を伸ばしてダイナミラクルタイプを捕まえ、カラータイマーをガッツディグのドリルで破壊しようとした。
しかし、ソルビーノから回収された彫像を使いマイが「愛でいっぱいに(byコウダ)」なって音楽を吹いたことでラブモスが本来の心を取り戻し、それに伴って機能を停止。融合が解け、元のライドメカ群に戻った。

余談

この32話はアスカが珍しく「ダイナ―!」と叫んで変身する(ハネジローもしれっと「ダイナ」としゃべっている)。
ちなみにマイの前にカリヤが吹いた音楽はむしろダイナを苦しめる音楽になってしまい、カリヤの演奏をリョウが止めていなければダイナは敗北していたかもしれない。

関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ロボット怪獣
ラブモス

関連記事

親記事

ラブモス らぶもす

兄弟記事

  • TM-39 らぶもすのせいしきめいしょう

pixivに投稿された作品 pixivで「サタンラブモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1414

コメント