ピクシブ百科事典

サータン

さーたん

サータンとは、帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長45m
体重3万2千t
鼻の長さ20m
別名忍者怪獣、透明怪獣
出身地宇宙


概要

第19話「宇宙から来た透明大怪獣」に登場。
宇宙から飛来した隕石が巨大化し、その中から現れた干からびたのような外見の怪獣。
体は中性子構成されており、それを利用した透明化、壁抜け瞬間移動を得意としている。本来中性子で物質を構成するのは不可能なので異次元の存在ではないかともいわれている。
特に武器は持っていないが、目から放つ閃光と瞬間移動と透明化を駆使して相手の背後に回り込み、長い鼻を相手の首に絡みつかせる攻撃を得意としている。また、のような強度を誇る体毛「アイアンヘアー」で飛行物体を絡めとることもできる。また、長い鼻は大好物であるウランを見つけ出すレーダーの役割も持っている。
最期はMAT原子核攪乱作戦やウルトラマンジャック透視光線で透明化を無効化され、姿を見せる前に叩きのめされたためフラフラになった所をウルトラ念力で空中に浮かばされ、ウルトラブレスレットから発射されたウルトラスーパー光線を受け爆死した。

また、3万年前にはエンペラ星人配下の怪獣軍団の一体としてウルトラ大戦争に参加していたという。

レッドマン

レッドストッパー☆ファイアさん2


第35、36、37、40、41、42、53、56話に登場。着ぐるみは『帰マン』で使用されたものの流用。
他の怪獣たちと徒党を組んで登場することが多かったが、42、53話では単独でレッドマンと戦った。
意外にもレッドマンに登場した怪獣の中ではかなりの強豪であり、レッドマンを苦戦に追い込むシーンも度々あった。

レッドフォール


53話では、幾多の怪獣を葬り去ってきたレッドナイフ投擲2発を鼻で容易くはじき返した挙句、接近戦を挑んできたレッドマンと激しい投げの応酬を繰り広げ、鼻を伸ばして首を締め上げるなどして苦戦させたが、最後はレッドアローで串刺しにされ、倒れた所にさらにもう一度レッドアローを突き立てられて止めを刺された挙句、まで引きずられてそこからレッドフォールで投げ落とされるという凄まじいまでのオーバーキルを受けて倒された(この回は、レッドマンの伝説のエピソードとして今でもファンの間で語り草になっている)。

ウルトラマンSTORY0

星間連合の怪獣として登場し、光の国を襲撃した。再生能力を有しており、鼻を切り刻まれてもすぐに再生した。

実は幹部メトロン手下であり、ブラックホールを突破して暗黒宇宙に到達したウルトラ戦士を強襲する。
サイボーグビーコンと共に、メトロンの毒霧で弱体化したウルトラ戦士たちに襲い掛かり、瞬間移動能力で苦しめた。
しかし冷気バリアを張っていたザージには通用せず、バラバラに切り刻まれてしまう。だが、死ぬ間際に神経毒を放ち、ザージの動きを止めるのには成功した。

余談

  • デザインをしたのは、初代ゴジラの着ぐるみの雛型作成や行け!ゴッドマンの怪獣デザインで有名な利光卓三
  • 1972年に発売された「怪獣図解入門」では、「科学的には中性子だけで怪獣を構成するのは不可能なので、恐らくこの怪獣は、お腹に原子炉を持っていて中性子をまき散らす四次元の怪獣なのだろう」と解釈されていた。
  • ウルトラ銀河伝説ではベリュドラの左腕を構成する怪獣として登場したほか、ベリアル軍団の中に姿は見えないが鳴き声は聞こえている。(本来はジラースの鳴き声の流用だが)
  • 次回予告でのみ「サターン」という名前で呼ばれていた。


関連タグ

帰ってきたウルトラマン ウルトラ怪獣 忍者

関連しないかも知れないタグ

さーたん
\サーターン!サーターン!/

pixivに投稿された作品 pixivで「サータン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80673

コメント