ピクシブ百科事典

第四惑星人

だいよんわくせいじん

ロボット長官の製作者。
目次[非表示]

登場作品『ウルトラセブン
第43話『第四惑星の悪夢』登場

データー

身長:地球人とほぼ同じ
体重:地球人とほぼ同じ
出身:第四惑星

概要

地球から約120億キロ光年離れた第四惑星に住まう地球人に酷似した姿の宇宙人

身体能力などは地球人とほぼ変わらなかったが科学技術はこちらの方がはるかに進んでおり、2000年もの遥か昔、彼らの労働力のサポート役として高度な人工知能(AI)が搭載され、容姿も完全に人間と変わることがないアンドロイドとそれを管理するコンピューターが開発され、飛躍的に進歩した未来型の幸せな日々が続くものかと思われていた…。

しかしその優秀すぎる人工知能を持ったアンドロイドたちは次第に、働かなくなった怠け者の人間たちをあっというまに追い越し、遂ある日、反乱を起こしたアンドロイドたちの前に、なす術も無くその立場を逆転された彼らはアンドロイドたちの奴隷として、支配者たるアンドロイドたちの恐怖政治の下、日々こき使われ始めてしまうという地獄のような悪夢の日々を過ごすようになってしまった。

そのため、彼らの多くはアンドロイドたちに響怯えながら暮らしており、彼たに盾突こうものなら容赦なく反逆罪の罪で捕えられ処刑され、また、機械のため、冷徹に容赦なく湯水のごとく物のようにこき使われ続けた結果、命を落としていく者も数多くいるため、年々人口は減り続けており、向う500年後には絶滅して滅びてしまう宿命にさらされていた。
そのため貴重な労働力を失う最悪の事態を恐れたアンドロイドたちは新たな労働力確保のため地球に目を付け植民地にする計画を実行することになる。

最終的にはセブンの活躍によりその目論見は阻止され、アンドロイドたちを管理するコンピューターもアンドロイドたちの頭目も破壊されたため(後者は描写が曖昧なため断言できないが恐らくそうだと思われる)、アンドロイドたちの恐怖政治から解放されたと思われるが、詳細は不明である。

関連タグ

ウルトラセブン ロボット長官
管理国家ラビリンス・・・・こちらも機械に支配されてしまったという点が共通している。
のび太とブリキの迷宮・・・・こちらも舞台となる星は住民達が機械に支配されるという点が似ている
ファンタス星人

pixivに投稿された作品 pixivで「第四惑星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント