ピクシブ百科事典

ウェルズの想像したような宇宙人

うぇるずのそうぞうしたようなうちゅうじん

ウルトラマンタロウの未制作シナリオ『怪獣無常! 昇る朝日に跪く』に登場する宇宙人の名称。ちなみに正式名称は不明(名前は大和書房出版の実相寺昭雄著書の『夜ごとの円盤 怪獣夢幻館」より)。
目次[非表示]

「人間は宇宙の果てで奴隷として扱ってやる。安心して死ね‼」

概要

数年前から地球へ密かに侵入し、世界各地の巨大宗教建造物を通じて「遠くへ行きたい」と願う人間を異次元空間に拉致していた侵略者

鎌倉大仏に潜伏し、次々に人々を拉致していたが、偶然大仏のく光ってたことにより正体が発覚、ZATの四次元Xレイを浴びせられ正体を現した。

全身をバリヤで覆っているため、ストリウム光線すら受け付けない強固な防御力を誇っており、タロウを追い詰めるが、人々の祈りに応えて突如として動き出した鎌倉大仏の怪力で体をひしゃげられてしまい絶命した。
その後、ご遺体は大仏様によりへと沈められた。

補足

『月刊マンガ少年別冊 すばらしき特撮映像の世界』(発行元:株式会社朝日ソノラマ)という雑誌に漫画家・板橋しゅうほう氏によって漫画作品として掲載されている。

関連タグ

ウルトラマンタロウ 実相寺昭雄 ウルトラ怪獣

コメント