ピクシブ百科事典

イゴマス

いごます

イゴマスとは、ウルトラマンコスモスに登場する怪獣である。
目次[非表示]

「マタアシタ、ボクノトモダチ」

データ

  • 身長:69m
  • 体重:1万5千t
  • 別名:友達ロボット
  • 出身地:ビビン星
  • CV:石井浩

概要

第4話「落ちてきたロボット」に登場。
ビビン星で作られた玩具ロボット。ゲバンというビビン星人の所有物だったものがゴミとして宇宙に捨てられ、地球に落下してきた。胴体についていた製造コードをEYESが解析した所、ビビン星は地球によく似ており、ポルトガル語によく似た言語を使う超巨大宇宙人の惑星らしい。また捨てられた原因は肩に貼られていたシールから製造年が古く、電池の販売が中止された事が原因らしい。

万能言語解析装置を持っており、どんな惑星の言葉でも解読することが出来る。胸部から発射する光線は相手を包んで宙に浮かばせることが出来るほか、破壊光線として使用することも可能。

地球に来た時は手足を収納した状態で、地球の子供たちのアツシ、タツヤ、ナオコと友達になるが、剥がれたシールを目にした事で自分が捨てられたことを知り、手足を出して我を忘れたように暴れ始めた。

ウルトラマンコスモスと戦うが、子供たちを巻き込みかけたことで正気を取り戻す。自らの体が大きすぎることを理由に自身を破壊するよう頼むが、コスモリダクターで地球の玩具のサイズに縮められ、子供達に「アツシ、タツヤ、ナオコ。ボクノ、友達。アリ、ガ、トウ…」とお礼を言い、電池が切れたことで完全に沈黙した。

その後、子供たちの一人のタツヤが勉強して電池を発明し、イゴマスを蘇らせることを誓うのだった。

余談

脚本を担当した川上英幸は、「怪獣保護」という設定に対し、無生物にはどのように対応するかを描いた。

初期プロットでは、ピピン星との交信によってイゴマスが廃棄物であることが判明するという展開だったが、本作品の世界観が宇宙進出を目指しているものであったことから変更され、廃棄処分シールを目撃するという展開となった。

監督の原田昌樹は、『ウルトラマンティガ』第30話でも怪獣を小さくして無害化するという展開を制作したが、その際に毎回小さくしてしまえば問題が解決してしまうとの意見が出ていたことから、本作品ではコスモスが宇宙中の力を集めたという描写とした。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣 ロボット 玩具 友達
トイマジン オバーン…こちらも同じくおもちゃで、「捨てられた事を恨んでいる」、「最後は改心する」という点が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「イゴマス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2231

コメント