ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

変異昆虫 シルドロン

種別変異昆虫
身長63m
体重4万6千t
出身地高純度エネルギー貯蔵基地付近

ウルトラマンダイナ』第5話「ウイニングショット」に登場。


昆虫が変異したとされる怪獣で普段は地中に身を潜めている。

高純度エネルギーを食糧にしており、それを求めて高純度エネルギーパイプライン付近に出現。鋏状の両腕は硬度が高く、通常のビーム攻撃程度なら難なくはじき返すことが出来る(劇中では「恐らくガイナーでも破壊不可能」と言われる)。額の緑の水晶体を点滅させることで敵の攻撃を予知して両腕の盾で攻撃を防ぐ、いわゆる予知能力を持つ。唯一の弱点は防御力の低い腹部だが、予知能力と鋏による防御でカバーされている。

ハサミでの締め上げの他、尻尾も発達しており、薙ぎ払いなど近接戦で威力を発揮する。


スーパーGUTSダイナを苦戦させるが、野球選手ヒムロ・ユウサクに教わった新技「ウルトラフォーク」の動きを予知することが出来ず、腹部に受けて敗れる。


大怪獣倉庫(仮)【101~110】

第16話「激闘! 怪獣島」にはクローン再生された個体であるクローンシルドロンが登場した。


その後

「大怪獣バトルNEO」では先述の末路から「ストレートにはめっぽう強い」という技名が与えられている。

技の表記がやたら解説っぽいのは気にしてはいけない。

なお、次回作の「大怪獣バトルRR」ではこの回で使用されたウルトラフォークを習得したウルトラマンダイナが登場している。


「アバレンボウル」でもメダル化された。


立体化

『ウルトラ怪獣シリーズ』から116体としてソフビ化を遂げる。

また、116-EXとしてリペイント版のクローンシルドロンもソフビ化された。


『ウルトラモンスター超全集 ウルトラマンダイナ光臨編』では7番目の怪獣として立体化された。


『ポケットヒーロー ウルトラマンダイナ VOL.2』ではミニサイズのフィギュア化も果たす。この他にもウルトラマンダイナ(フラッシュタイプ)、ダイゲルンギャビッシュ、ガッツディグ、コネリー07、ガッツマリンのフィギュアが同梱されている。


余談

名前の由来はそのまま「shield」(英:盾)から。


関連項目

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣

昆虫怪獣

テラフェイザー:同じくダイナにウルトラフォークを受けて戦闘不能になった

シルドバン:名前が似ている昆虫怪獣

関連記事

親記事

ダイナ怪獣 だいなかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22437

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました