ピクシブ百科事典

シャマー星人

しゃまーせいじん

シャマー星人とは、『ウルトラマンマックス』に登場するウザい宇宙人である。
目次[非表示]

注意!

このキャラクターは、そのゆえ所業故にアンチが非常に多く、時折過剰なキャラヘイト表現や、『似たような人物』など本来の記事内容の趣旨からズレた書き込みが行われることがあり、それが原因となって編集合戦へと発展することも多々あります。
原則中立性のある記事を保つ為、そして無益な編集合戦を防ぐ為にも、そういった書き込みは極力控えるよう、お願い致します

こっちからわざわざデータを説明に来てあげたのにこの態度は酷いんじゃないの~?

  • 身長:15cm~1.8m 49m(幻影時)
  • 体重:220g~不明
  • 別名:幻影宇宙人
  • 出身地:シャマー星
  • 演:佐藤正宏(第18話) 渡会敏之(第36話)

ギャ~ハハハ!何こんな概要真剣に読んじゃってんの?馬ッ鹿だねぇ~

第18話「アカルイセカイ」
第36話「イジゲンセカイ」に登場。

シャマー星からやってきた異星人で、自身が開発した超巨大反射板を利用して太陽の光を反射させることで第二の太陽を作り上げ、永遠に終わらない昼を生み出して真夜中なのに子供は遊び続ける、熱射病で人が倒れるなどと市井の人々の生活サイクルを乱し、さらに猛暑によって苦しめた。
幻影宇宙人という別名の通り実体がないため、神出鬼没かつこちらの攻撃は一切受け付けず、巨大化時は両手からは腕を噛む事で強くなる怪光線を、尻からは爆発性のある屁を放つ。ただし巨大な姿も幻影であり、本当の大きさは15cm程度の小人である。なお、怪光線は幻影から放っていると思しき描写もあったり、後述するように幻影の状態で肉まんを掴むなど物体に干渉できている描写もあり、実態に反して不条理な面もある(姿が戻ると肉まんが掴めなくなったが)。

性格はとにかくウザいことこの上ない。常に相手の神経を逆なでする発言を平然と言い放ち、巨大化時もふざけた態度を取り続けるが、これは相手の平常心を乱すことで自分達の正体がばれないようにするためという作戦でもある。しかもトリックがあっさりしている割にはエイリアン・スキャナーにも反応がないなど変な所で油断ならない。

複数が存在しており、人間に変身した個体がDASHの基地ベースタイタンに侵入。律儀にも名刺を渡す等社交的に振舞うが、そのあまりにもウザすぎる態度で隊員たち、特に散々「馬鹿」と嘲笑されたヒジカタ隊長の神経を逆なでし、錯乱させたところに幻影で巨大化させた個体を町の中に堂々と出現させ、地球人に全面降伏を迫った。
攻撃が一切通らないのをいいことに、DASHやウルトラマンマックスを一度は敗北させた後降伏までに三日の猶予を与え、その間もベースタイタンに居座って隊員達を煽り続け、巨大化している個体も街中でふんぞり返って雑誌を読むという何とも舐め切った態度を取っていたが、怒ったトミオカ長官が言い放った「コイツを見えなくできないのか」という言葉がヒントとなり「暗い場所では巨体どころか人間サイズの幻影も維持できない」という弱点を見破られてしまう。それでもDASHの太陽光遮断作戦を妨害しようとするものの足止めを喰らっている隙に巨大反射板をダッシュバードに破壊され夜が戻り幻影が消滅。宇宙船で逃走を図るもマックスに破壊された。
ところがどっこい生き延びており、ラストでは肉まんを購入しようとして食べようとするも、調子に乗って高架下に入ってしまい小さくなってしまった。

第36話では異次元バリア理論のエキスパートである四谷博士に変身(本物の四谷博士は自宅の地下室で監禁されていた)。UDFの異次元バリアを開発すると騙し、ベースタイタンのパワーを利用してサブジェクト・ファントムからレッドキングを召喚。街中で暴れさせた。
前回同様律儀に名刺を渡したが、そのウザさは相変わらずで、前回登場時に引き続きヒジカタ隊長を「馬鹿」呼ばわりする他、今回は特にショーン・ホワイト隊員に対して「凡人」「へっぽこ発明家」呼ばわりして散々おちょくった挙句、自分の研究中の食事として高級料理を要求するなどして隊員たち、特にショーン隊員のストレスを刺激する。

その真の目的はベースタイタンのパワーをエネルギー源にした異次元光線銃を造り上げ、前回の時の復讐としてマックスを異次元に追放する事であり、レッドキングの召喚はその実験だった。
途中、前回の騒動で発覚していた自身の弱点を突かれ、正体が発覚したものの、2回に渡ってマックスを異次元に転送しようとしたが、一度目はレッドキングと一緒に召喚されたピグモンが妨害したため失敗。二回目はエリーと同化したピグモンにまたしても妨害されて失敗した。
その隙に、自身が散々見下していた「へっぽこ発明家」ことショーン隊員が意地を見せて開発した新兵器「ブラック・ディメンション」の効力で日光を遮られてしまったため小人に戻ってしまい、エリーとミズキに追いかけまわされビルの屋上から転落。
それでもしぶとく生き残ったが、今度は野良猫に追いかけられ何処かへ逃げていった。

総じて野良猫でも倒す事ができる程に弱いが、トリックを見破るまでが非常に厄介な宇宙人というウルトラ怪獣史上でも特異な立ち位置にある。

ねーねー、早く余談を説明した方がいいんじゃないかな~?

第18話の特技監督である菊池雄一は、イメージソースにクレヨンしんちゃんを上げている(性格やキャラ的なウザさ加減ではコイツに近いが…)。

今作から登場する新怪獣が基本的に似たようなカラーリングが多かった事から、明るめのカラーとなった。

名の由来は英単語のSimmer(陽炎)から。

第18話の巨大化した個体が街を破壊するシーンでのBGMは、ヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」中の一曲「鍛冶屋の合唱(アンビル・コーラス)」。
第36話で四谷博士に変身して、ベースタイタンに訪れた際にもこのBGMが使用された。

カイト役の青山草太曰く、ミズキ役の長谷部瞳はシャマー星人が大好きとのこと。(長谷部瞳曰く、理由はギャップ萌え)

わたしはだあれ?」と並ぶ『マックス』コメディ回として評価される第18話だが、あちらと違いやっている事自体は地球を自分達に有利な環境へ作り替えて地球人を消耗させ降伏を迫るという合理的かつ王道なものである

ちなみに「皆さんの希望の星を見えなくしてしまわないとねぇ〜」というセリフや、蹴りを入れようするも骨を痛めたり、マックスの体をすり抜けてずっこける、巨大化しているのに地球の雑誌を読むシーンがあったりと実態に関するヒントは物語の序盤くらいから複数出ていた。そりゃ本体が小さい宇宙人なんだから巨大なマックス相手に足を動かしたらコケたりする筈である。

こんな記事の関連タグなんて編集してる暇があったらもっとましなことに…あ、馬鹿だから無理か~

ウルトラマンマックス ウルトラ怪獣 レッドキング ピグモン
ウザキャラ
ゲルマー星人バイズ・ゴア:実は本当は小人サイズの宇宙人
マヒルワルド:似たようなことをした怪人。

























あなたの側に、明るいけど図々しい友達がいたら夜に会ってみる事をお勧めします。
もしかすると、シャマー星人かもしれません。

関連記事

親記事

ウルトラマンマックス うるとらまんまっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャマー星人」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャマー星人」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5580

コメント